[459] [458] [457] [456] [455] [454] [453] [452] [451] [450] [449]

2013年03月05日

「銀河のロマンス/ザ・タイガース」- 名曲のご紹介


以前、ザ・タイガースの「花の首飾り」をご紹介しましたが、今日は「銀河のロマンス」をご紹介したいと思います。

ザ・タイガース(The Tigers)は、1960年代後半から1970年代の初めにかけて活躍した日本のグループ・サウンズ(通称GS)のひとつで、メンバーは、沢田研二(ボーカル、タンバリン)、岸部修三 現:岸部一徳(ベース、コーラス)、加橋かつみ(ギター、ボーカル、コーラス)、森本太郎(ギター、コーラス)、岸部シロー(ギター、タンバリン、コーラス)、瞳みのる(ドラムス)の5人です。

「銀河のロマンス」は、1968年3月25日に発売された、沢田研二がリード・ヴォーカルをつとめている曲で、作詞は橋本淳、作曲はすぎやまこういちです。

それでは早速、「銀河のロマンス」をどうぞ。


銀河のロマンス/ザ・タイガース

ちなみに、この曲は、加橋かつみが初めてリード・ヴォーカルを担当した「花の首飾り」と、沢田研二がリード・ヴォーカルを担当した「銀河のロマンス」との両A面シングルでした。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字