[437] [436] [435] [434] [433] [432] [431] [430] [429] [428] [427]

2012年12月27日

「花の首飾り/ザ・タイガース」- 名曲のご紹介


今日は、ザ・タイガースの「花の首飾り」のご紹介です。

ザ・タイガース(The Tigers)は、1960年代後半から1970年代の初めにかけて活躍した日本のグループ・サウンズ(通称GS)のひとつです。

メンバーは、沢田研二(ボーカル、タンバリン)、岸部修三 現:岸部一徳(ベース、コーラス)、加橋かつみ(ギター、ボーカル、コーラス)、森本太郎(ギター、コーラス)、岸部シロー(ギター、タンバリン、コーラス)、瞳みのる(ドラムス)の5人です。

ザ・タイガースは、1967年2月に「僕のマリー」でデビュー。
以後、「シーサイド・バウンド」、「モナリザの微笑(ほほえみ)」、「銀河のロマンス」、「君だけに愛を」、「青い鳥」など、多くのヒット曲を放ち、グループサウンズの王者として君臨した評価の高い音楽バンドです。

今日は、それらの曲の中から、1968年3月に発売された「花の首飾り」をどうぞ。


花の首飾り/ザ・タイガース

ちなみに、この曲は作詞:菅原房子、補作:なかにし礼、作曲:すぎやまこういちです。

また、この曲は1980年にレスリー・マッコーエン、1984年に中川勝彦(サントリー缶紅茶「TESS」CMタイアップ)、1989年に高橋真梨子、1994年に葉月里緒菜、2001年に井上陽水、2006年に河村隆一、2007年にリュ・シウォン、同2007年にカバーソング・ドールズ、2008年に仲村瑠璃亜、2008年にオレンジ・ペコによりカバーされています。

このカバーの多さが、名曲であることを雄弁に物語っていますね。おお!(゚o゚)


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字