[460] [459] [458] [457] [456] [455] [454] [453] [452] [451] [450]

2013年03月08日

「天使のらくがき(Aime Ceux Qui T’aiment)/ダニエル・ビダル(Daniele Vidal)」 - 名曲のご紹介


今日は、「ダニエル・ビダル」の「天使のらくがき(Aime Ceux Qui T'aiment)」のご紹介です。


写真は、こちらからお借りしました。

ダニエル・ビダル(Daniele Vidal、1952年6月23日 -)は、モロッコ生まれのフランスの女性歌手です。1970年代前半に、日本で活躍したことで知られています。

ダニエル・ビダルは、1969年、17歳で歌手デビューをします。
そして、「Aime ceux qui t'aiment(汝を愛する者たちを愛せ、の意)」を発売。
これは、ロシアのポピュラー歌手エディタ・ピエーハのカバーで、新しくフランス語の歌詞をつけて本国フランスで発売され、「天使のらくがき」という邦題で日本で発売されます。

また、日本語の歌詞を付けた盤も出されるなど、彼女の活動の舞台は、日本に置かれることになります。

そして、「オー・シャンゼリゼ」「カトリーヌ」「チャオ・ベラ・チャオ」「小さな鳩」「恋のささやき」「ピノキオ」「太陽の恋人」「別れのくちづけ」「私はシャンソン」と順次楽曲を発売していきます。

当初は、歌唱力にやや難があったものの、金髪碧眼で日本人女性より小柄なことから、「フランス人形のように愛らしい」と形容され、大きな人気を得ます。

ダニエル・ビダルは、日本語の歌のレコードを出すだけでなく、テレビのバラエティ番組にもしばしば出演し、日本のアイドルタレントの観を呈します。

今日は、デビュー曲である「天使のらくがき(Aime Ceux Qui T'aiment)」をどうぞ。


天使のらくがき(Aime Ceux Qui T'aiment)/ダニエル・ビダル(Daniele Vidal)

この曲の歌詞はこちら
歌詞をお探しの方には、こちらの対訳(訳詞)も参考になるかも知れません。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字