[1030] [1029] [1028] [1027] [1026] [1025] [1024] [1023] [1022] [1021] [1020]

2017年07月18日

「悲しみは駈け足でやってくる/アン 真理子」 - 名曲のご紹介」 - 名曲のご紹介


今日は、アン 真理子の「悲しみは駈け足でやってくる」のご紹介です。

悲しみは駈け足でやってくる アン真理子 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

アン 真理子(アン まりこ、本名:佐藤ユキ(さとう ユキ) 1945年 -)は、日本の歌手、作詞家、女優です。

アン 真理子は、日劇のダンサー兼コーラス員としてデビューした後、平岡精二クインテット等のソロ歌手となります。

1966年、東京ヒルトンホテルのスター・ヒル・プラザに出演していたときに、出門ヒデと「ユキとヒデ」を結成。
そして、翌年の1967年に、デビューシングルを発売します。

ユキとヒデとしての活動と平行して、ソロ歌手藤ユキ(ふじ ユキ)としても活動。

1968年に、ユキとヒデは解散しますが、藤ユキ名義の活動は続行します(ヒデは同年、ヒデとロザンナを結成)。

1969年に、ソロ名義もアン真理子と改称、再デビューを果たします。

今日は、そんなアン 真理子の、1969年に発売された「悲しみは駈け足でやってくる」をどうぞ。

この曲の歌詞はこちら


「クスン!」「 いい曲だニャー。この曲を聴いていると、泣けてくるニャン」

なおこの曲は、後に浜田朱里がカバーしています。

浜田朱里といえば、「青い花火」も名曲です。
お時間があれば、どうぞこちらもお聴きになってみてください。

青い花火/浜田朱里


※画像をクリックすると、曲紹介ページへジャンプします。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字