[320] [319] [318] [317] [316] [315] [314] [313] [312] [311] [310]

2011年09月26日

「酒と泪と男と女/川島英五」 - 名曲のご紹介


今日は、河島 英五の「酒と泪と男と女(さけとなみだとおとことおんな)」のご紹介です。

河島 英五(かわしま えいご、1952年4月23日 - 2001年4月16日)は大阪府東大阪市出身のシンガーソングライター、俳優です。長女・河島あみるは歌手・タレントで、次女・河島亜奈睦(アナム&マキ)、長男・翔馬は歌手です。

アコースティックギター一本で、驚くほどパワフルな音量と大声で、大男が汗まみれになって虚飾の無い歌詞を、男くさく唱いあげる彼の姿は、聴衆の心にストレートに響き、深い感動を与えます。

一本気で豪快でありながら、それでいて繊細で優しい人柄と生き方をあわせもった河島英五の作品は誰からも愛され、年代を超えて「男が憧れる男」として同時代を生きた人々の記憶に刻み込まれています。

代表曲は、1976年に発表された「酒と泪と男と女」で、この曲は河島英五自身の作詞・作曲によるものです。

今日はこの、河島英五の代表曲である「酒と泪と男と女」をどうぞ。


酒と泪と男と女/川島英五

ちなみに、英語、じゃなかった英吾のこの曲は、京都・伏見の清酒メーカー・「黄桜酒造(現:黄桜)」のCMソングとして使われると全国的にヒットし、河島自身も全国的に名が知れわたることになります。

この曲の歌詞はこちら


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字