[308] [307] [306] [305] [304] [303] [302] [301] [300] [299] [298]

2011年07月25日

「ダウンタウン/シュガー・ベイブ」 - 名曲のご紹介


今日は、シュガー・ベイブの「ダウンタウン」のご紹介です。

シュガー・ベイブ(SUGAR BABE)は、1973年に山下達郎を中心に結成されたバンドです。

結成時のオリジナルメンバーは、以下の通りです。

山下達郎(やました たつろう)ーヴォーカル、ギター、キーボード、コーラス
大貫妙子(おおぬき たえこ)ーヴォーカル、キーボード、コーラス
村松邦男(むらまつ くにお)ー ヴォーカル、ギター、コーラス
鰐川己久男(わにかわ きくお)ーベース、コーラス
野口明彦(のぐち あきひこ)ードラムス

バンドの特徴としては、当時はまだ珍しかった、メジャー7thや分数コードなどのコード・プログレッションを多用するほか、コーラス・ワークに重点を置いた音作りで、際立った存在として一部の音楽ファンから支持を得ます。

今日ご紹介する「DOWN TOWN」は、1975年に発売された彼らの最初のシングルで、作詞は伊藤銀次、作曲は山下達郎です。

それでは早速「ダウンタウン」をどうぞ。( ^-^)/


ダウンタウン/シュガー・ベイブ

この曲の歌詞及びコードはこちら。

シュガー・ベイブは、1970年代初頭のサブカルチャーのロック・シーンにおいて、同じようなスタイルのグループが他になかったために、的外れな評論やいわれなき中傷も数多く受けました。
バンドの構造的宿命から1976年に解散しましたが、中心メンバーであった山下達郎や大貫妙子らのその後の活動によって、その名はさらに存在感を増しています。

ちなみにこの曲は、1980年にEPO、1982年に桑名晴子、2004年に福寿(ふくじゅ:シライシ紗トリ、清水昭男のコンビ)、2009年に荻野目洋子、2010年に坂本真綾(さかもとまあや)等、多くのミュージシャンがカバーしています。

そうそう、伊藤銀次と言えば、彼は雑学が好きで、伊藤「雑学」銀次という呼ばれ方をされることもあるようです。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字