[304] [303] [302] [301] [300] [299] [298] [297] [296] [295] [294]

2011年07月02日

「リバーサイドホテル/井上陽水」 - 名曲のご紹介


今日は、「井上陽水」の「リバーサイドホテル」のご紹介です。

井上陽水(いのうえ ようすい、本名:井上陽水(いのうえ あきみ)、1948年8月30日 -)は、福岡県嘉穂郡幸袋町(現・飯塚市幸袋地区)出身のシンガーソングライターです。

井上陽水は、1969年に「カンドレ・マンドレ」でデビュー。デビュー当時は、あまり注目されませんでしたが、その後「人生が二度あれば」(1972年3月1日)、「傘がない」(1972年7月1日)、「夢の中へ」(1973年)、「心もよう」(1973年)と次々とヒットを飛ばしていきます。

1970年代には吉田拓郎と双璧をなし、フォークソング界あるいはニューミュージック界を牽引していきます。

1973年に発売された「氷の世界」は、アルバムとして日本市場で初のミリオンセラーを記録、その後も「9.5カラット(1984年)」が売り上げ100万枚、1999年のベストアルバム『GOLDEN BEST』は売り上げ200万枚を達成するなど、日本ポピュラーミュージック界の最重要人物の一人として活躍し続けています。

今日ご紹介する「リバーサイドホテル」は、1982年に発売された、通算21目のシングルです。

それでは早速、「リバーサイドホテル」をどうそ。


リバーサイドホテル/井上陽水

PS 以前、「食品添加物の歌」というタイトルで記事を書いたところ、一時かなりのアクセスがありました。

添加物は、日本の食品業界・外食産業を裏から支える、いわば影武者なので、これが話題になるということはまずないと思いますが、意外と気にしてらっしゃる方が多いのかも知れませんね。
(゚ー゚)(。_。)ウンウン←(^^;ヒトリデ ナットク シテル。

それでは…、今度は「放射能の歌」とか、「地震の歌」とかいうタイトルで記事を書いてみようかな。
o(^-^)oヾ(^^;)オイオイ


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字