[274] [273] [272] [271] [270] [269] [268] [267] [266] [265] [264]

2011年03月29日

「無縁坂/グレープ」 - 名曲のご紹介


今日は、「グレープ」の「無縁坂」のご紹介です。

無縁坂 グレープ ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

グレープは、高校時代からの音楽仲間であり、友人であったさだまさし(ボーカル・ギター・ヴァイオリン)と吉田正美(現・吉田政美、ギター)が1972年に結成したフォークデュオです。

グレープは、1973年に「雪の朝」でデビューしますが、全然売れず、その翌年に出した2枚目のシングル「精霊流し」がロングヒット。発売から実に半年以上もかけ、オリコン2位までいきます。
そして、1974年には第16回日本レコード大賞作詩賞を受賞します。

当時、グレープが一世を風靡した要因のひとつには、ヴァイオリンを弾く、というさだまさしの演奏スタイルが珍しかったこともあります。

今日ご紹介する「無縁坂」は、1975年に発売された通算6枚目のシングルです。

それでは早速「無縁坂」をどうぞ。

この曲の歌詞コードはこちら

この曲は、さだまさしの作詞・作曲によるものです。
曲の内容としては、息子の年老いた母に対する想いを歌ったもので、テレビドラマ「ひまわりの詩(ひまわりのうた)」の主題歌となりました。

曲の舞台は、東京都文京区湯島四丁目にある坂、無縁坂。森鴎外の小説「雁(がん)」で知られるようになった坂です。
さだまさし自身のアルバム、「帰郷」で、セルフカバーされています。

無縁坂

無縁坂2
写真は、こちらからお借りしました。

無縁坂は、東京都台東区池之端1丁目から文京区湯島4丁目へ登る坂で、森鴎外の作品「雁」の主人公である岡田青年の散歩道とぃうことで、多くの人びとに親しまれる坂となりました。
「雁」の中には、次のようなー節があります。

「岡田の日々の散歩は大抵道筋が極まってぃた。寂しい無縁坂を降りて、藍染川のお歯黒のような水の流れこむ不忍の池の北側を廻って、上野の山をぶらつく‥‥‥」

坂の南側は、江戸時代四天王の一人・康政を祖とする榊原式部大輔の中屋敷で、坂を下ると不忍の池です。

ちなみに、「グレープ」という名前の由来ですが、これは吉田が葡萄(ぶどう)の絵を自分の印として譜面に書いていたことによります。
吉田が、「とりあえずこれにしよう」と言ったことから「グレープ」となりました。

なお、このシングルのジャケットの題字(手書き風の文字)は、吉田正美によるものです。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字