[1094] [1093] [1092] [1091] [1090] [1089]

2018年10月12日

「-Dreaming Girl- 恋、はじめまして(ドリーミング ガール こい、はじめまして)/岡田 有希子(おかだ ゆきこ)」 - 名曲のご紹介


今日は、 岡田 有希子(おかだ ゆきこ)の「 恋・はじめまして」のご紹介です。

恋、はじめまして ドリーミングガール 恋、初めまして 岡田有希子 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

岡田 有希子(おかだ ゆきこ、本名:佐藤 佳代(さとう かよ) 1967年 - 1986年)は、愛知県一宮市出身のアイドル歌手、女優です。
愛称は「ユッコ」。

岡田 有希子は、名古屋市立向陽高等学校から堀越高等学校へ編入、卒業。
サンミュージックに所属していた。1980年代中期に活動したアイドル歌手のひとりであり、「ポスト松田聖子」としても期待されていました。

今日は、そんな岡田 有希子の、1984年9月21日に発売された通算3枚目のシングルである「-Dreaming Girl- 恋、はじめまして」をどうぞ。


-Dreaming Girl- 恋、はじめまして(ドリーミング ガール こい、はじめまして)/岡田 有希子(おかだ ゆきこ)

この曲の歌詞はこちら

この曲は、竹内まりやが岡田有希子のために作詞作曲を手掛けた“学園三部作”の最終作となるもので、。デビュー曲の1作目「ファースト・デイト」で同級生との思いがけない馴れ初めを、次作「リトル プリンセス」で遊園地での親密なデートを、そしてこの3作目では、なかなか会えない恋人を想いながら“素敵なレディ”への成長を夢見る少女のときめきを歌い、あたかもファンの男子と次第に愛を深め合っているかのような三部作構成になっています。

この曲は、1984年10月8日のオリコンチャートで7位に入り、岡田有希子にとって、デビュー半年目にして初のトップ10入りとなりました。

そして、『ザ・ベストテン』にも初のランクインを果たし、岡田有希子はこの曲で、売れっ子アイドルとしての地位を確かなものとしました。

併せて、「第15回日本歌謡大賞」優秀放送音楽新人賞、「第26回日本レコード大賞」最優秀新人賞、「第13回FNS歌謡祭」最優秀新人賞等をも、この楽曲で受賞しました。

岡田有希子、可愛かったですねー。(^o^)
ちょっぴり気が強そうな彼女のスマイルも、私は好きでした。(#^.^#)

岡田有希子 ピンナップ
岡田有希子 ピンナップ
写真は、こちらからお借りしました。

が、人気絶頂だった1986年(昭和61年)に、突然の飛び降り自殺。
そして、この報道の後に起こった若者の相次ぐ自殺は、大きな社会問題となりました。
当時のこの現象は、「ユッコ・シンドローム」と呼ばれることもあります。

なお、この曲の約4ヶ月後に発売された「二人だけのセレモニー」も名曲です。
機会があったらご紹介したいと思います。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字