[1096] [1095] [1094] [1093] [1092] [1091] [1090] [1089] [1088] [1087] [1086]

2018年09月19日

「とびだせ初恋/浅野ゆう子」- 名曲のご紹介


今日は、浅野 ゆう子の「とびだせ初恋」のご紹介です。

とびだせ初恋 浅野ゆう子 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

浅野 ゆう子(あさの ゆうこ、本名: 赤沢 裕子(あかざわ ゆうこ)、1960年7月9日 -)は、兵庫県神戸市の女優、歌手です。

浅野 ゆう子は、1974年に、アイドル歌手として「とびだせ初恋」でデビューをします。

そしてその後、「恋はダン・ダン」「ひとりぼっちの季節」と、シングルを発売していきます。

が当時の女性アイドルは、小柄であることが好ましいとされており、浅野ゆう子のように長身で日本人離れしたプロポーションのアイドルは、珍しい存在でした。
くわえて、ミニスカートやホットパンツなどでスタイルを強調していたため、女性からの反発を受けたこともあって、アイドル歌手としてはうまくいきませんでした。

そんな中、1976年04月25日に発売された8枚目のシングル「セクシー・バス・ストップ」が大ヒット。
この曲は、浅野ゆう子自身最大のヒット曲となります。

そして、歌を実質休業状態になった1980年代からは、様々な会社の水着キャンペーンモデルなど企業広告で活躍。

ただし、水着での初出は1979年(昭和54年)のカネボウ化粧品CF「一気にこの夏チャンピオン」からで、1981年の洋酒の悩殺ポスターは、世の男性の目を楽しませます。



今日は、そんな浅野ゆう子の、1974年5月25日に発売されたデビュー曲である「とびだせ初恋」をどうぞ。


とびだせ初恋/浅野ゆう子

浅野ゆう子のエピソード

浅野ゆう子は、若い頃はものまね番組にも出演し、風吹ジュン等のものまねを披露していました。

・1980年代後半から1990年代前半にデビューした俳優やお笑い芸人から、「バブル期の大御所」また「ボディコンといえばゆう子」と言われています。
バブル時代当時には、「ボディコンゆう子」の異名が業界に浸透していました。

・1991年の『NHK紅白歌合戦』では、気丈にも鼻の骨の骨折を隠しながら司会を続けるということがありました。

・フジテレビ系『笑っていいとも!』の「テレフォンショッキング」において、20回出演の記録をもっています(2012年4月18日出演時点)。これは、和田アキ子(21回出演)に次いで、陣内孝則と並ぶ歴代2位の記録です。

・浅野ゆう子はマイケル・ジャクソンの大ファンで、1980年代の日本公演で追っかけをしたことがあり、神奈川県葉山のフランス料理店で食事を一緒にしたこともあります。

・あまり知られていませんが、浅野ゆう子は若手時代、TBS系の長寿クイズ番組『世界・ふしぎ発見!』の準レギュラー回答者でした(3枠または5枠席)。
これは、前任の女性の準レギュラー回答者だった和田アキ子の事実上の後任として、1986年10月から月1または月2ペースの出演でしたが、女優業が多忙になって出演が困難になったため、1989年頃の出演が最後となっています。

・2017年、年末に一般男性と結婚したことを公式サイトを通じて発表しました。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字