[1097] [1096] [1095] [1094] [1093] [1092] [1091] [1090] [1089] [1088] [1087]

2018年09月29日

「京都の恋/渚ゆう子」 - 名曲のご紹介


今日は、渚 ゆう子の「京都の恋」のご紹介です。

京都の恋 渚ゆう子 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

渚 ゆう子(なぎさ ゆうこ、本名:大江 千鶴子 1945年11月8日 - )は、大阪市浪速区出身の歌手です。

渚 ゆう子は、1967年に、ハワイアン歌謡「早くキスして」でレコードデビューをします。

1970年に、ベンチャーズが作曲した「京都の恋」「京都慕情」を、日本語の歌詞で唄って大ブレイクし、人気歌手の仲間入りを果たします。

「京都の恋」は、オリコンシングルレコード売上げで85万枚を突破し、さらに、1970年年間第10位、翌1971年年間第27位にそれぞれランク、渚 ゆう子自身最大のヒット曲となりました。

また「京都慕情」の方も、翌年の1971年度オリコン年間第15位にランクされています。

今日は、そんな渚 ゆう子の、1970年2月25日に発売された、「京都の恋」をどうぞ。


京都の恋/渚ゆう子

この曲の歌詞はこちら

この曲は、前述したように、ザ・ベンチャーズ作曲ののインストゥルメンタルで、同1970年開催の「日本万国博覧会」を記念して製作されたものです。

この曲の日本での英語題は"Kyoto Doll"で、米題は"EXPO'70"。
オリジナルレコーディングにおいては、主旋律にエレキ・シタール(彼らのコンサートも同様)が使われています。

渚 ゆう子は、1971年に 筒美京平作曲の「さいはて慕情」で第13回日本レコード大賞歌唱賞を受賞。
第22回NHK紅白歌合戦に「京都慕情」で初出場。
また、歌手としても、この年のシングルレコード売上げの年間第2位となりました。

1972年には、「風の日のバラード」で、第23回NHK紅白歌合戦に2回目の出場を果たし、1981年には、歌手としての第一線から一時引退するも、12年後の1993年に復帰し、「北ホテル」を発売。
1997年には、「京都ひとり」を発売します。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字