[1095] [1094] [1093] [1092] [1091] [1090] [1089] [1088] [1087] [1086] [1085]

2018年09月11日

「想い出が多すぎて/高木麻早」 - 名曲のご紹介


今日は、高木 麻早の「想い出が多すぎて」のご紹介です。

想い出が多すぎて 高木麻早 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

高木 麻早(たかぎ まさ、1953年12月31日 - )は愛知県名古屋市出身のシンガーソングライターです。

高木 麻早は、高校生の頃からその歌唱力に注目され、名古屋出身のデュオ「チェリツシュ」の担当番組に出演依頼されたり、地元の名古屋では一目置かれる存在でした。

そして1973年5月に、ヤマハ第5回ポピュラーソングコンテストに出場し、「ひとりぼっちの部屋」で入賞。
『キューピットのささやき』を愛称に、関東ポニーからソノシートでプレキャンペーン。
同年9月10日には、同曲で「ヤマハ音楽振興会」所属でキャニオンレコードからデビューをします。

「ひとりぼっちの部屋」は、40万枚を超える売り上げとなり、ファースト・アルバム『高木麻早』と共に大ヒット。
そして、オリコン新人賞を受賞します。

今日は、そんな高木 麻早の、1974年1月10日に発売されたセカンドシングルである「想い出が多すぎて」をどうぞ。


思い出が多すぎて/高木麻早

この曲の歌詞はこちら

高木 麻早の近況

2004年11月、オリジナルアルバム『True Love』を発売し、音楽活動を再開。
10年以上続いている名古屋ブルーノートでのLIVEは、毎回sold outで終了しています。

2018年は、デビュー45周年のツアーを企画していましたが、イベント会社の不手際で日程が決定できず、2019年に記念コンサートを開催する予定となっています。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字