[1055] [1054] [1053] [1052] [1051] [1050] [1049] [1048] [1047] [1046] [1045]

2017年12月10日

「青いスタスィオン/河合その子」 - 名曲のご紹介


今日は、河合その子の「青いスタスィオン」のご紹介です。

青いスタスィオン 河合その子 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

河合その子(かわい そのこ、1965年6月20日、本名: 後藤 その子(ごとう そのこ) 旧姓:河合)は、愛知県知多郡横須賀町(現 東海市)出身の元歌手です。

河合その子は女性アイドルグループである「おニャン子クラブ」の元メンバーで、会員番号は12番。
現役当時は、渡辺プロダクション→イザワオフィスに所属していました。

そして引退後は、専業主婦として、出身地の愛知県東海市にある実家の近くに居を構えていましたが、2010年に芸能活動を再開します。

今日は、そんな河合その子の、1986年3月21日に発売された、通算3枚目のシングルである「青いスタスィオン」をどうぞ。


青いスタスィオン/河合その子

この曲の歌詞はこちら

この曲のタイトルの「スタスィオン」というのは、「駅(station)」をフランス風に発音した言葉、もしくはフランス語で「駅」を表す言葉であるとされています。

が、フランス語名詞の "station" は、地上駅の場合は場内信号が設置されていない「停留所」という意味になります。

この曲の歌詞からすると、地下鉄の駅でもないようで、フランス語で一般的な鉄道の「駅」を表す単語としては、"gare"(ガール)が妥当と思われます。

実際、当時この曲が「クイズダービー」の歌詞あてクイズに出題された際、解答者の篠沢秀夫は、「ホームがあるならスタスィオンではなくガールだ」とボードに注記していました。

また、この曲は34.1万枚を売り上げ、河合その子の最大のヒット曲となりましたが、本人はニッポン放送系のラジオ番組「おニャン子のあぶない夜だよ」にて、

「(周囲から)いい『曲』だよねぇ、とばかり言われ。でもいい『歌』と言ってほしい」

と発言。
自らの歌唱ではなく、曲の良さばかりが評価されたことに対し、若干の悔しさを見せていました。


なお、河合その子は、2010年3月に、資生堂の新化粧品ブランド「IN&ON」のコマーシャル出演を発表。
このCMは、4月からオンエアされました。

同CMでは、荻野目洋子、薬丸秀美、伊藤つかさと共演し、またこの時の会見で、夫の後藤との間に子どもが1人いることを明かしています。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字