[1029] [1028] [1027] [1026] [1025] [1024] [1023] [1022] [1021] [1020] [1019]

2017年07月13日

「夏色のナンシー/早見優」- 名曲のご紹介


今日は、早見 優の「夏色のナンシー」のご紹介です。

夏色のナンシー 早見優 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

早見 優(はやみ ゆう、本名:福田 一美(ふくだ かずみ)旧姓、舘野(たての) 1966年9月2日 -)は、静岡県熱海市のタレント、歌手、女優です。父は、ジャズシンガーの井上良(いのうえ りょう)。

早見 優は、3歳から7歳まで、グアム、7歳から14歳まではハワイで育ちます。
学校での愛称は“キャシー”。

そして、1980年 14歳の時に、ハワイ三越デパートのエレベーターで「サンミュージックプロダクション」にスカウトされ、単身帰国し、「サンミュージック」と契約。日本のアメリカンスクールに通いながら、タレントとしてのレッスンを受けます。

1982年4月21日 ファーストシングル「急いで!初恋」でアイドル歌手としてデビューをします。
そして、同年の第24回日本レコード大賞新人賞を獲得。

翌年の1983年には、本人出演のコカ・コーラのCMに使われたシングルである、「夏色のナンシー」がオリコンチャート7位にランクイン。
この曲は、TBS系「ザ・ベストテン」などのチャート番組にもランクインするようになり、同年12月の「第34回NHK紅白歌合戦」にも初出場することになります。。

今日はその「夏色のナンシー」をどうぞ。


夏色のナンシー/早見優

この曲は、1983年度のコカ・コーライメージソングで、当初予定していたタイトルは、自身の愛称を用いた「夏色のキャシー」でした。
が、語呂をよくするため、「ナンシー」に変えられたということです。

キャッシーとナンシー
「ねえ、ナンシー。遊ぼうニャン」「何度言ったら分かるニャン。ミーの名前は、キャッ・シー」

この曲のCM版では、サビの部分を、当時コカ・コーラのキャッチフレーズだった「yes、coke、yes」に変えて歌われています。

また、2016年8月に発売された早見優のミニアルバム「Delicacy of Love」には、この曲のリミックス版が収録されており、間奏のコーラス部分には、早見優の2人の娘も参加しています。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字