[992] [991] [990] [989] [988] [987] [986] [985] [984] [983] [982]

2017年01月09日

「木枯らしの二人/伊藤 咲子」 - 名曲のご紹介


今日は、伊藤 咲子の「木枯らしの二人」のご紹介です。

木枯らしの二人 伊藤 咲子 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

伊藤 咲子(いとう さきこ、本名:千葉咲子、1958年4月2日 -)は、東京都出身の女性歌手です。

伊藤 咲子は、1973年 15歳の時にオーディション番組「スター誕生!」で優勝します。
そして、翌年の1974年に、 「ひまわり娘」でアイドル歌手としてデビュー。

同年末に、「木枯しの二人」を発売。この曲は、翌年の1975年、オリコン年間ヒットチャートで36位にランクインし、自身最大のヒット曲となります。

また、翌年の1976年には、 「きみ可愛いね」で第27回NHK紅白歌合戦初出場を果たします。

今日は、1974年12月01日に発売された、通算3枚目のシングルである「木枯らしの二人」をどうぞ。

いやー、何度聴いてもいい曲ですねー。(^O^)
伊藤咲子の楽曲は、デビュー曲とその次の曲の作曲家がシュキ・レヴィと、外国人によるものでしたが、この曲で初めて日本人の作曲家・三木たかしが採用されました。

このシングルの発売が年末だったこともあり、翌年にわたって売上げを伸ばし、伊藤咲子自身最大のヒット曲となりました。

また、1975年のオリコン年間チャートでは、36位にランクインしています。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字