[947] [946] [945] [944] [943] [942] [941] [940] [939] [938] [937]

2016年07月05日

「オレンジの雨/野口五郎」- 名曲のご紹介


今日は、野口 五郎の「オレンジの雨」のご紹介です。

オレンジの雨 野口五郎 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

野口 五郎 (のぐち ごろう、本名:佐藤 靖 (さとう やすし 1956年2月23日-) は、岐阜県美濃市出身の歌手、俳優です。
妻は三井ゆり。

野口 五郎は、1970年代に「新御三家」の一人として、日本を代表し、活躍したアイドルです。
3歳から歌い始め、1966年10月にフジテレビの『ちびっこのどじまん』で荒木一郎の「今夜は踊ろう」を歌い、優勝します。

1971年5月1日、「博多みれん」で演歌歌手として「かわいらしい演歌ホープ」のキャッチフレーズと共にデビューしましたがまったく売れず、2曲目の「青いリンゴ」からポップス歌手に転向したところ、若い女性ファンの人気を獲得します。

その後、「オレンジの雨(1973年)」、「甘い生活(1974年)」、「私鉄沿線(1975年)」、「夕立ちのあとで」 (1975年)、「針葉樹」 (1976年)とヒットを飛ばしていきます。

今日は、そんな野口五郎の曲の中から、1973年3月21日に発売された通算8枚目のシングル、「オレンジの雨」をどうぞ。

この曲は、芸能雑誌「明星」の創刊20周年記念の募集歌でした。
野口五郎は、この作品から1978年の「グッド・ラック」まで、21作連続でオリコントップ10入りをすることになります。

ギタリストとしての野口五郎

野口五郎自身のアルバムに、ラリー・カールトン等の著名ギタリストが参加したことがあります。
サンタナのヒットシングル「Smooth」を、「愛がメラメラ」として日本語詞を付けてカバーした際には、カルロス・サンタナとの面会も果たしています。
2005年には、ヘヴィメタル専門番組「ヘビメタさん」に出演し、元メガデスのマーティ・フリードマンと競演します。

東京都に本社と工房を置くギターメーカー「Combat Guitars」から、野口五郎モデルのギターが発売されていました (現在は製造販売終了) 。
野口五郎は、ベーシストとしても活動しており、主に演歌のレコーディングに、スタジオ・ミュージシャンの立場で数多く参加しています。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字