[919] [918] [917] [916] [915] [914] [913] [912] [911] [910] [909]

2016年04月08日

「アクアマリンのままでいて/カルロス・トシキ&オメガトライブ」 - 名曲のご紹介


今日は、オメガトライブの「アクアマリンのままでいて」のご紹介です。

アクアマリンのままでいて カルロス・トシキ&オメガトライブ ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

オメガトライブは、主に1980年代に日本で活躍したバンドです。
プロデューサー藤田浩一の指揮のもと、作曲家林哲司並びに和泉常寛、アレンジャー新川博などの制作陣を中心としたプロジェクトの総称で、ボーカルは杉山清貴、カルロス・トシキ、新井正人と変遷しました。

オメガトライブの音楽の特徴は、夏、海、リゾートをテーマとしたもので、「サザンオールスターズ」や「TUBE」などとともに、サマーソングのヒット曲バンドとして知られています。

今日は、そんな彼らの、1988年8月10日に発売されたヒット曲、「アクアマリンのままでいて」をどうぞ。


アクアマリンのままでいて/カルロス・トシキ&オメガトライブ

この曲の歌詞はこちら



この曲は、フジテレビ系列の「木曜劇場」で、1988年7月7日から9月22日まで放送された、浅野温子・浅野ゆう子W主演のテレビドラマ、「抱きしめたい!」の主題歌として使われました。

ちょっぴり哀愁を感じる夏の歌という感じですね。
メインボーカルのカルロス・トシキは、サザンオールスターズの桑田佳祐とはまたちょっと違った意味で、1度聴いたら忘れられない、独特の声と歌い方が特徴の歌手ですが、こちらの方が俄然聴きやすいですね。(^^;

ちょっとハスキーで優しい歌声と、たどたどしい日本語ながら一生懸命歌っている姿も好感がもてます。

2000年に放送された日本テレビ系のスペシャルバラエティ番組「あの人は今!?」に、カルロスが緊急来日し、12年ぶりにテレビ出演しました。
その際、大ヒットの「君は1000%」とこの「アクアマリンのままでいて」を、メドレーで歌唱しました。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字