[884] [883] [882] [881] [880] [879] [878] [877] [876] [875] [874]

2016年01月15日

「センチメンタルジャーニー/YUKI」 - 名曲のご紹介


今日は、YUKIの「センチメンタルジャーニー」のご紹介です。

YUKI(ユキ 本名:倉持有希(くらもち ゆき)、旧姓、磯谷(いそや、1972年2月17日 -)は、北海道函館市出身の女性歌手です。

YUKI


YUKIは、1992年、映画「いつかギラギラする日」の撮影で函館市を訪れていた恩田快人(おんだ よしひと)と出会ったことがきっかけで、JUDY AND MARYを結成し、ボーカルとして活躍します。
1996年には、「そばかす」が、オリコンチャート初登場1位を記録します。

2002年、シングル「the end of shite(ジ エンド オヴ シャイト)」でソロデビューし、2010年現在5枚のオリジナルアルバムと1枚のシングルコレクションを発売しています。
ソロデビュー後のシングル最高位は「ドラマチック」の2位。アルバム最高位は「joy」「Wave」「five-star」「うれしくって抱きあうよ」「megaphonic」の1位です。

今日は、そんなYUKIの2003年2月19日に発売された通算5枚目のシングルである「センチメンタルジャーニー」をどうぞ。


センチメンタルジャーニー/YUKI

この曲は、当初はCCCD規格で発売されました。
タイトル曲の「センチメンタルジャーニー」とそのインストゥルメンタルバージョンのほか、カップリング曲2曲が収録されており、この2曲のカップリング曲は、共にアルバム未収録となっています。

野田凪制作のPVには、YUKIと同じ髪型のウイッグをつけたYUKIのそっくりさんが登場します。
この演出は、次回作「ハミングバード」やアルバム「commune」のジャケットでも用いられています。
またPVには、SPACE SHOWER Music Video Awards「BEST CONCEPT VIDEO」と、ADC 83rd Annual AwardsのGraphic Design部門「Gold Medal」を受賞しています。

YUKIはまた、これまでエッセイ集などの著作活動や、UA主演の映画『水の女』への出演など、音楽以外の活動も行っています。

GLAYのJIROとは高校時代からの知り合いで、また、TAKUROら他のGLAYのメンバーとも高校時代から交流があります。
「自分の高校でGLAYが人気」と教えたところ、喜んだTAKURO達はYUKIの通っている高校の周辺にポスターを貼り回りましたが、貼った次の日は夏休み初日だったというエピソードもあります。
学生時代は、「アブノーマル」という女子だけのバンドを組み、GLAYの主催するライブに参加し、「かまって」と「モノクロームの思い出」という曲を作りました。

なお、松本伊代が歌ってヒットした「センチメンタルジャーニー」は、同名異曲です。
こちらは、1981年10月21日に発売されました。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字