[872] [871] [870] [869] [868] [867] [866] [865] [864] [863] [862]

2015年11月15日

「らぶ・すてっぷ・じゃんぷ/岡田奈々」 - 名曲のご紹介


今日は、岡田奈々」の「らぶ・すてっぷ・じゃんぷ」のご紹介です。

らぶ・すてっぷ・じゃんぷ 岡田奈々 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

岡田奈々(おかだなな、本名:矢井弘子(やいひろこ)、1959年2月12日 -)は、岐阜県岐阜市鏡島出身の女優、元歌手です。

岡田奈々は、1974年、岐阜市の鶯谷女子高等学校高校1年在学中に、オーディション番組『あなたをスターに!』の第2回チャンピオンとなり、翌1975年5月10日、16歳でシングル『ひとりごと』がNAVレコードより発売され、歌手としてデビューします。

以来、ポッキーの初代CMガール(1975年 - 1980年)や、青春ドラマ「俺たちの旅」での田中健の妹役、1976年のシングル『青春の坂道』のヒットなど、アイドルとして活躍します。

「青春の坂道」は、岡田奈々の通算4枚目のシングルとなるもので、月刊誌『明星』(集英社)で歌詞を一般公募し、入選した中司愛子の歌詞を原案に、松本隆が作詞、森田公一が作曲したものでした。

今日は、1977年7月10日に発売された、岡田奈々の9枚目のシングルである「らぶ・すてっぷ・じゃんぷ」をどうぞ。

「らぶ・すてっぷ・じゃんぷ」は、約3ヶ月前の4月10日に発売された「そよ風と私」に次いで発売された曲です。
残念ながらオリコンチャートでベスト50入りは果たせず、ベスト50は、次の「求愛専科」に譲ることとなります。

らぶ・すてっぷ・じゃんぷ 収録曲(当時)

A面:らぶ・すてっぷ・じゃんぷ
作詞有馬三恵子、作曲森田公一、編曲萩田光雄
B面:海のシンフォニー
作詞有馬三恵子、作曲森田公一、編曲萩田光雄

この曲は現在、A面・B面ともにCD化されています。


岡田奈々といえば、昔、学園ドラマ「スクール☆ウォーズ」(1984年10月 - 1985年4月)に出ていたのが懐かしいです。
また、3ヶ月に1度くらいの割合で新曲が発売されるので、次はどんな曲が出るのか、楽しみにしていた記憶があります。(^^)

また、作家の安部譲二は岡田奈々の大ファンで、彼に依頼を受けて出演したのが、1987年に公開された安部譲二原作の映画「塀の中のプレイ・ボール」です。
こちらは、タイトルと内容が、というよりタイトルからして、私にはインパクトのありすぎる映画で、岡田奈々が出ているということで興味はありましたが、結局、観に行くことはありませんでした。【><】


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字