[868] [867] [866] [865] [864] [863] [862] [861] [860] [859] [858]

2015年11月01日

「年下の男の子/キャンディーズ 」- 名曲のご紹介


今日は、キャンディーズの「年下の男の子」のご紹介です。

年下の男の子 キャンディーズ ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

キャンディーズ(Candies)は、1970年代に活躍した日本の女性3人組のアイドルグループです。

メンバーは、伊藤蘭(愛称ラン)、田中好子(愛称スー)、藤村美樹(愛称ミキ )の3人です。

キャンディーズは、1972年(昭和47年)4月に、NHKの「歌謡グランドショー」のマスコットガール兼アシスタント((椅子・マイク運び・代理音合わせ))として誕生します。

1972年(昭和47年)12月31日の大晦日(おおみそか)に、「スクールメイツ」の一員として「第23回NHK紅白歌合戦」に出場。3人のみ別の色の衣装を着て、舞台中央で踊ります。
また、橋幸夫が歌う「子連れ狼」でバックコーラスを務めます(出場歴に数えず)。

1973年(昭和48年)4月7日には、TBS「8時だョ!全員集合」のアシスタントとしてレギュラー出演。

そして、同年1973年9月1日に、「あなたに夢中」でレコードデビューをします。

1975年(昭和50年)2月21日には、「年下の男の子」を発売。
この曲は大ヒットし、オリコン9位を記録。
解散コンサート時点でのシングル売上げは、累計50万枚(発売元のCBS・ソニー調べ)となっています。

その後は、翌年の1976年(昭和51年)3月1日に発売された「春一番」がオリコン3位を記録する等、次々とヒットを飛ばしていきます。

今日は、そんなキャンディーズの、1975年2月21日に発売された5枚目のシングルである「年下の男の子」をどうぞ。


年下の男の子/キャンディーズ

デビュー以来、ハンドマイクで歌唱していたキャンディーズが、テレビ出演等ではスタンドマイクで歌唱した曲です。
この曲で、キャンディーズは1975年末の「第26回NHK紅白歌合戦」に正式な紅組歌手として初出場を果たします。

また、デビュー曲の「あなたに夢中」から前曲「なみだの季節」まで、リードボーカルはスーがセンターでしたが、この曲から、ランがリードボーカルをつとめ、歌唱する位置もセンターに変更になりました。
スーは、ランの向かって右側に、ミキはランの左側にそれぞれ移り、以降キャンディーズ3人のの配置は、これががほぼ定位置となりました。


なお、2007年に公開された映画「Little DJ~小さな恋の物語」では、この曲が物語のキーとなる楽曲として使用され、シングル盤も小道具として登場。併せて、サントラ(アミューズソフトエンタテインメント)にも収められました。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字