[854] [853] [852] [851] [850] [849] [848] [847] [846] [845] [844]

2015年09月22日

「美辞麗句(びじれいく)/岡村孝子」 - 名曲のご紹介


今日は、岡村孝子の「美辞麗句(びじれいく)」のご紹介です。

美辞麗句 岡村孝子 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

岡村 孝子(おかむら たかこ、1962年1月29日 - )は、愛知県岡崎市出身のシンガーソングライターです。
父親は、岡崎市議会議長を務めた岡村秀夫。

岡村孝子は、椙山女学園大学在学中に同級生・加藤晴子とともにデュオ「あみん」を結成します。1982年に、ヤマハポピュラーソングコンテスト(通称ポプコン)でグランプリを受賞した「待つわ」がヒットしますが、1983年にその活動を休止します。

が、その後ソロ活動を求める声があり、上京して、ソロとして1985年にファンハウス(現在のアリオラジャパン)より、「風は海から」でデビューをします。

岡村孝子のブレイクのきっかけとなったのは、翌年の1986年に歌った、来生たかおの「はぐれそうな天使」で、この曲はホンダ・トゥデイのコマーシャルに起用され、一気に人気が高まります。

今日は、そんな岡村孝子の、1986年07月23日に発売された通算4枚目のシングルである「夏の日の午後」のB面に収録されていた、「美辞麗句」をどうぞ。


美辞麗句(びじれいく)/岡村孝子

岡村孝子の曲は、今風にいえば「癒し系」ですね。
当時は、そんな言葉はなかったと思いますが…。
「音楽の清涼剤」という言葉が似合う、疲れた心を癒す音楽ではないかと思います。

ちなみに、この「美辞麗句」は、「夢をあきらめないで」「虹を追いかけて」とともに、岡村孝子の曲の中では私のお気に入りで、A面の「夏の日の午後」よりも数多く聴いており、(^^; また、今でも時々、特に疲れたときなどに聴いています。(^^)


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字