[846] [845] [844] [843] [842] [841] [840] [839] [838] [837] [836]

2015年08月22日

「夢見る少女じゃいられない/相川七瀬」 - 名曲のご紹介


今日は、相川七瀬の「夢見る少女じゃいられない」のご紹介です。

相川 七瀬(あいかわ ななせ、出生名:佐伯 美咲(さえき みさ)1975年2月16日 -)は、歌手、カラーセラピストです。

相川 七瀬は、1990年、15歳の頃に、工藤静香の嵐の素顔」でソニー主催のオーディションを受け、不合格となりますが、この時、後にトータルプロデューサーとなる織田哲郎と出会います。

1992年、高校を中退してアルバイトをしていた17歳の頃、「DREAMS COME TRUE(ドリームズ・カム・トゥルー)」や「QUEEN(クイーン)」などの音楽を聴きあさり、歌手になる決心をします。
織田哲郎に連絡を取って上京し、歌手デビューのためにボイス・トレーニングを開始します。

そして、1995年11月、織田哲郎のプロデュースによる「夢見る少女じゃいられない」で念願の歌手デビュー。
織田哲郎は、相川七瀬をトータルプロデュースするにあたって、それまでの「前向きなガール・ポップ」に対し、「前向きじゃないダークなロック」を全面に打ち出します。

1996年には、ファーストアルバム「Redレッド)」を発売。
このアルバムは、オリコンのアルバムチャート初登場で1位を獲得し、現在までに270万枚を超すダブル・ミリオンヒットを記録しています。
同年年末には第47回NHK紅白歌合戦に初出場し、「夢見る少女じゃいられない」を披露します。

1997年7月にはアルバム「paraDOX(パラドックス)」を発売、この作品もオリコン初登場1位を獲得し、現在までに180万枚を売り上げています。

今日は、そんな相川 七瀬の、1995年11月8日に発売されたデビュー曲である「夢見る少女じゃいられない」をどうぞ。


夢見る少女じゃいられない/相川七瀬

2000年には、プロデューサーを布袋寅泰に変え、それまでとは異なる曲調のロックを歌うようになりました。

2004年2月には、2年半振りにアルバム「7 seven(セブン)」を発売。
同月22日にNHKホールで行なわれた「日中友好歌謡祭」に出演し、「愛ノ詩 -マジェンタレイン-」を歌う様子が中国でも実況中継されます。
同年3月には、カラーセラピー本「恋のダイス&ルーレット」と不思議体験を綴った「バリコワ」を出版。

また、5月8日からは、約4年振りとなる全国ホールツアー「Live Emotion "7 seven"」を、7月からは毎年恒例のライブTOUR AIKAWA NANASE "7 seven" THE GIG '04を行ないます。
7月には、イギリスやアイルランドでJennifer Ellison(ジェニファー・エリソン)による相川七瀬の「バイバイ」をカバーした“Bye Bye Boy”がヒットし、イギリスのチャートでは13位となりました。

そして、2013年2月16日に、ソロとしては4年ぶりのオリジナル・アルバム「今事記」を発売します。


ちなみに、相川七瀬の芸名の「相川」は、地元近くにある阪急電鉄の相川駅に由来しています。
また、相川七瀬は左の首筋にLove or Die(ラブ オア ダイ)と刻まれたタトゥー(入れ墨)を入れています。
また、タトゥーはもう一ヶ所、左手首にも入れています。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字