[847] [846] [845] [844] [843] [842] [841] [840] [839] [838] [837]

2015年08月26日

「嵐の素顔/工藤 静香」 - 名曲のご紹介


今日は、工藤 静香の「嵐の素顔」のご紹介です。


写真は、こちらからお借りしました。

工藤 静香(くどう しずか、本名:木村 静香(きむら しずか、旧姓:工藤) 1970年4月14日 -)は、東京都西多摩郡羽村町(現・羽村市)出身の歌手、女優、タレント、宝飾デザイナー、画家です。
元おニャン子クラブのメンバーで、愛称は「しーちゃん」「しずちゃん」。夫は、SMAPの木村拓哉。

工藤 静香は、1984年の中学2年の時に、応募総数歴代最大18万325人の第3回「ミス・セブンティーンコンテスト」に出場して、特別賞を受賞します。
そして、同年、同コンテスト出身の木村亜希(清原和博夫人)、柴田くに子(後の森丘祥子)と「セブンティーンクラブ」を結成し、1985年1月にレコードデビューするも、2枚のシングルを発表し解散します。

その後、高校へ進学後の1986年5月、事務所の勧めでフジテレビ系「夕やけニャンニャン」のオーディションコーナーである「ザ・スカウト アイドルを探せ!」に出場し、合格。おニャン子クラブの会員番号38番となります。
そして、クイズ番組等で見せる「バカキャラ」や「ヤンキーキャラ」などで注目されるようになります。

1987年春からは、生稲晃子・斉藤満喜子と内部ユニット「うしろ髪ひかれ隊」としての活動も開始。
直後に発売されたおニャン子のシングル「かたつむりサンバ」では、フロントボーカルに抜擢されるなど、終焉(しゅうえん)に向かっていたおニャン子クラブの中で人気、知名度を上げていきます。

1988年9・10月には、TBS系「ザ・ベストテン」で「MUGO・ん…色っぽい」で初の1位を獲得。同年の年間ランキングでも6位となります。
おニャン子関連の曲、もしくはおニャン子出身者の曲で、同番組で第1位を獲得したのは工藤静香ただ一人です。

1989年には、「恋一夜」「嵐の素顔」「黄砂に吹かれて」と50万枚以上の大ヒットを連発。その年のシングル年間ランキング上位10曲の中に3曲すべてが入ります。
特に「黄砂に吹かれて」は、オリコン6週連続1位の記録をもっています。

今日は、そんな工藤 静香の、1989年05月03日に発売された通算7枚目のシングルである「嵐の素顔」をどうぞ。


嵐の素顔/工藤 静香

工藤 静香は、1988年に発売されたミニアルバム「カレリア」では、「愛絵理(あえり)」名義で作詞をしています。
それ以後も、作詞の際はこの名前を使用しています。
この「愛絵理」というのは、両親が命名の際に第1候補として考えていた名前です。

ソロ・デビュー25周年にあたる2012年には、4月21日から5月27日まで、青森県立郷土館において絵画個展「あふれる感情 工藤静香展」が開催されました。

青森は、工藤の父が、旧蟹田町(現外ヶ浜町)出身という縁があります。
同年10月に、4年ぶりの新曲となる「キミがくれたもの」を発売。この曲は、シンガーソングライターの絢香が初めて他の歌手に提供した作品です。
同時に、廃盤となっている3作品(「ミステリアス」「静香」「JOY」)を含むポニーキャニオン発売のオリジナルアルバム全15作品が、CD BOXセット「SHIZUKA KUDO ORIGINAL ALBUM COLLECTION」として発売されました。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字