[840] [839] [838] [837] [836] [835] [834] [833] [832] [831] [830]

2015年08月04日

「地上の星/中島みゆき」- 名曲のご紹介


今日は、中島みゆきの「地上の星」のご紹介です。

地上の星 中島みゆき ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

中島みゆき(なかじまみゆき、本名:中島 美雪 1952年2月23日-)は、 広島県竹原市出身のシンガーソングライター、ラジオパーソナリティーです。

中島 みゆきは、1975年にシングル「アザミ嬢のララバイ」でデビューをします。
暗く重い作風と、ラジオ番組などでの明るい語り口とのギャップで、1980年代前半に大きな人気を博し、現在も根強い人気があります。

今日は、そんな中島みゆきの2000年7月19日に発売された、通算37枚目のシングルである「地上の星」をどうぞ。


地上の星/中島みゆき

「地上の星」は、「第56回NHK紅白歌合戦」の「スキウタ」アンケートにて、紅組7位にランクインしています。
また、オリコンによる累計売上枚数では、1994年に発売された「空と君のあいだに/ファイト!」に次ぐ、中島みゆき自身の2番目の売り上げとなっています。

この曲は、NHKの「プロジェクトX~挑戦者たち~」の主題歌として作られたもので、同番組のエンディングテーマには、カップリング曲の「ヘッドライト・テールライト」が起用されています。

同番組の主要な視聴者である中高年を中心に、幅広い支持を得るに至り、2005年12月28日には、中島みゆき本人が「プロジェクトX」の最終回に出演。スタジオで「ヘッドライト・テールライト」を熱唱しました。


ちなみに、中島みゆきはデビュー前、吉田拓郎の追っかけをやっており、楽屋にも出入りするほどで、周囲では有名なファンでした。
その吉田拓郎は、中島みゆきの「ファイト!」を気に入っており、よくコンサートで歌っています。
中島みゆきは、吉田拓郎のことを「よた」と呼んでおり、2006年9月23日に行なわれた「吉田拓郎&かぐや姫コンサートinつま恋2006」にゲストとして出演し、提供曲「永遠の嘘をついてくれ」で共演。
この模様はNHK BShiで生放送され、同コンサートのDVD「Forever Young Concert in つま恋 2006」に収録されています。


「地上の星」雑学?
「地上の星」は、テンポが約100(BPM100)です。そのため、一次救命処置の講習会などで、心臓マッサージの際のリズムとりに有効な曲として紹介されることがあります。
これは、心臓マッサージを1分間に100回の速さで行なうことが望ましいとされているためです。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字