[810] [809] [808] [807] [806] [805] [804] [803] [802] [801] [800]

2015年05月18日

「硝子坂(ガラスざか)/高田 みづえ」 - 名曲のご紹介


今日は、高田 みづえの「硝子坂」のご紹介です。

硝子坂 高田 みづえ ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

高田 みづえ(たかだ みづえ、戸籍名:日高 みづえ(旧姓:高田) 1960年6月23日 -)は、鹿児島県揖宿郡頴娃町(かごしまけんいぶすきぐんえいちょう:現・南九州市)出身の元歌手・元タレントです。
相撲部屋の「おかみ」で、夫は元大関の大相撲力士(現・二所ノ関親方の若嶋津六夫(本名:日高六男))。
長男は元俳優の勝信。長女はタレントのアイリ。

高田 みづえは、フジテレビのオーディション番組「君こそスターだ!」で第18回グランドチャンピオンとなり、1977年3月25日に「硝子坂」でアイドル歌手としてデビューをします。

デビュー曲の「硝子坂(がらすざか)」から好調なすべり出しで、「だけど…」「ビードロ恋細工」「花しぐれ」と、4曲連続でヒット。
同年1977年に、第19回日本レコード大賞・新人賞、日本歌謡大賞・放送音楽新人賞、FNS歌謡祭・最優秀新人賞などの新人賞を受賞します。

その後、しばらくヒットに恵まれない時期がありましたが、1980年7月に発売された「サザンオールスターズ」のカバー曲「私はピアノ」を歌って、再びブレイク。
「第31回NHK紅白歌合戦」にも2年ぶりに出場します。

その後は、「愛のイマジネーション」のB面に収録されたカバー曲「真夜中のギター」がヒット。
1982年には、音つばめの曲をカバーした「愛の終りに」と、アリスの谷村新司作詞・作曲で谷村自身がバックコーラスも担当した「ガラスの花」を発売します。

さて今日は、そんな高田 みづえのデビュー曲である「硝子坂(ガラスざか)」をどうぞ。


この曲の歌詞はこちら

なお、高田みづえは、デビューが同期で仲の良かった榊原郁恵清水由貴子とあわせて「フレッシュ3人娘」と呼ばれていました。

高田みづえは、私はデビュー当時から知っていますが、ちゃらちゃらしたところのない、落ち着いた大人の雰囲気をもった女性だったと記憶しています。
ただ、歌はうまいのですが、私にはその歌唱が何となく演歌っぽく感じられ ン ?(?_?)ソウナノカ?、ちょっぴり引いていたところがあります。(^^;

そのくせ、「硝子坂」と「私はピアノ」が発売された時は、すぐにシングル版を買いにレコード屋に走っていきましたが…。(^ o ^;


高田みづえの近況
1985年に芸能界を引退した高田みづえですが、その後も松ヶ根部屋(現・二所ノ関部屋)のおかみとして、特別番組などで時々テレビに出演しています。

1988年2月には、高田と親交が深かった芳村真理が「夜のヒットスタジオ」の司会を勇退(ゆうたい)する際、花束贈呈のために、夫の松ヶ根親方とともに特別出演しました。

近年では、2014年1月5日放映の「行列のできる法律相談所・明石家さんま2時間スペシャル!」(日本テレビ)にゲスト出演し、司会のさんまと約30年ぶりのテレビ共演を果たしています。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字