[760] [759] [758] [757] [756] [755] [754] [753] [752] [751] [750]

2015年01月19日

「アントニオの歌(Antonio’s Song)/マイケル・フランクス(Michael Franks)」 - 名曲のご紹介


今日は、マイケル・フランクスの「アントニオの歌」のご紹介です。

マイケル・フランクス(Michael Franks、1944年 9月18日 -)は、アメリカのミュージシャンで、AOR界を代表するボーカリストの1人です。

マイケル・フランクスは、その独特の囁くようなボーカルスタイルと、ジャッジーで都会的な音楽性で高く評価されており、代表曲である「アントニオの歌(Antonio's Song)」は、ボサノバの曲として日本でも知名度が高いです。

デビュー当時から、ジャズ・フュージョン・ソウル界からの人気ミュージシャンを起用して楽曲を制作し、浮き沈みの激しいAOR界において、現在に至るまで一貫した音楽性で、コンスタントに作品を発表し続けている類まれなアーティストです。

今日は、そんなマイケル・フランクスの、1977年に発売されたアルバム「スリーピング・ジプシー(Sleeping Gypsy)」の中から、「アントニオの歌(Antonio's Song)」をどうぞ。


アントニオの歌(Antonio's Song)/マイケル・フランクス(Michael Franks)

アントニオというのは、あのボサノバの巨匠アントニオ・カルロス・ジョビン(Antonio Carlos Jobim)のことで、この曲は、彼に捧げる曲となっています。

この曲の歌詞はこちら


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字