[578] [577] [576] [575] [574] [573] [572] [571] [570] [569] [568]

2014年01月17日

「夕暮れ時はさびしそう」 - 名曲のご紹介


今日は、NSPの「夕暮れ時はさびしそう」のご紹介です。


写真は、こちらからお借りしました。

NSP(エヌエスピー)は、1972年に結成された、岩手県出身の男性3人による歌手グループです。

メンバーは、天野滋(ヴォーカル・ギター)、中村貴之(ヴォーカル・ギター)、平賀和人(ヴォーカル・ベース)です。

NSPは、高専在学中の1973年に、第5回ヤマハポピュラーソングコンテストにおいて楽曲「あせ」でニッポン放送賞を受賞し、同年6月「さようなら」でデビューをします。
翌年の1974年に、「夕暮れ時はさびしそう」を発売しますが、この曲がオリコン11位となる大ヒット。同年発売のアルバム「N.S.Pひとやすみ」も、オリコン4位のヒットを記録します。

その後も、1976年に「赤い糸の伝説」がヒット。NSPは叙情派フォークを代表するグループとなります。

今日は、1974年7月10日に発売された、通算4枚目のシングルである「夕暮れ時はさびしそう」をどうぞ。


夕暮れ時はさびしそう/N.S.P

ちなみに、「NSP」というバンド名の由来ですが、彼らはアマチュア時代に「ニュー・サディスティック・ピンク(New Sadistic Pink)」という名前で、当初はロックを中心に活動していました。
が、フォーク調の曲でデビューをするにあたり、この名前は似合わないということで、頭文字だけを取った「NSP(N.S.P )」に変えました。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字