[555] [554] [553] [552] [551] [550] [549] [548] [547] [546] [545]

2013年11月26日

「私の16才/小泉 今日子」- 名曲のご紹介


今日は、小泉 今日子の「私の16才」のご紹介です。

私の16才 小泉 今日子 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

小泉 今日子(こいずみ きょうこ、本名:同じ、1966年2月4日 -)は、神奈川県厚木市出身の歌手・女優です。愛称はキョンキョン(KYON2)。

小泉 今日子は、1981年1~3月に、日本テレビ系のオーディション番組「スター誕生!」に出場し、石野真子の「彼が初恋」を歌って合格します。

そして、1982年3月21日に「私の16才」でアイドル歌手としてデビュー。
その後、「素敵なラブリーボーイ」「ひとり街角」「春風の誘惑」「まっ赤な女の子」と、ヒットを飛ばしていきます。

1985年に発売された曲、「なんてったってアイドル」は、曲中で、自らをアイドルと称する斬新さが話題になります。

1989年には、自身のアルバム「KOIZUMI IN THE HOUSE」で、当時はまだあまりメジャーではなかったハウスミュージックを取り入れたことで、話題を呼びます。

また、小泉 今日子の同期には、堀ちえみ、三田寛子、石川秀美、松本伊代、早見優、中森明菜、シブがき隊などがおり、「花の82年組」の1人でした。

小泉 今日子は、女性歌手の中では浜崎あゆみ、モーニング娘。、倉木麻衣、安室奈美恵に次いで、オリコンベスト10入りした曲の数において歴代5位(「春風の誘惑」(1983年2月発売)から「潮騒のメモリー」(2013年7月発売)まで34作)であり、小泉 今日子の人気がいかに長期間続いたかということが伺われます。

今日は、そんな小泉 今日子の多くのヒット曲の中から、デビュー曲である「私の16才」をどうぞ。


私の16才/小泉今日子

ちなみに、この曲は、1979年4月25日に発売された森まどかの「ねえ・ねえ・ねえ」のカバー曲です。

原曲はこちら。

ねえ・ねえ・ねえ/森まどか

森まどかのオフィシャルサイトはこちら。

森まどかオフィシャルサイト
http://www.morimadoka.com/


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字