[542] [541] [540] [539] [538] [537] [536] [535] [534] [533] [532]

2013年10月17日

「タイムマシーン」 - 名曲のご紹介


今日は、Charaの「タイムマシーン」のご紹介です。

CHARA(Charaとも表記。ちゃら、本名:綿引 美和(わたびき みわ) 1968年1月13日-)は、埼玉県川口市出身のミュージシャン、女優です。

CHARAは、4歳からピアノを始め、小学校の頃から作曲を始めます。

20歳の時に、自作の歌を歌うためにボーカルに転身。
新宿RUIDOで初ステージを踏み、ローラースケートスタイルのウェイトレスのバイトをしながらライブ活動を続けます。

そして、デモテープがきっかけとなり、1991年9月にシングル「Heaven」でデビュー。
1992年には、セカンドアルバムである「SOUL KISS」で、第34回日本レコード大賞ポップス・ロック部門のアルバム・ニューアーティスト賞を受賞。

1993年には、サントリーリザーブのシリーズCM「リザーブ友の会」、資生堂「PJラピス」のCMに出演します。

CHARAの発声法は、ウィスパーボイス、ストロングボイスと呼ばれるもので、 この2つを巧みに駆使した歌唱法は、CHARA独自のものであり(マネする歌手は多いですが)、CHARAにしか表現できない世界がそこにはあります。

今日は、そんなCHARAの多くの曲の中から、1997年7月21日に発売された通算15枚枚目のシングルである、「タイムマシーン」をどうぞ。


タイムマシーン/CHARA(チャラ)

ちなみに、CHARAが10代の頃に最も影響を受けたミュージシャンはプリンスとのことです。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字