[532] [531] [530] [529] [528] [527] [526] [525] [524] [523] [522]

2013年09月10日

「春なのに/柏原よしえ」 - 名曲のご紹介


今日は、柏原 芳恵の「春なのに」のご紹介です。

春なのに 柏原よしえ ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

柏原 芳恵(かしわばら よしえ、本名:柏原 芳恵(かしはら よしえ) 1965年10月1日 -)は、大阪府大阪市出身の歌手です。

柏原 芳恵は、1980年6月1日、シングル「No.1」で歌手デビューをします。
そして、1981年10月15日発売の7枚目のシングル「ハロー・グッバイ」が大ヒット。

1982年10月1日、シングル「花梨」を発売。
同時に、名前を“よしえ”から“芳恵”に改名します。

その後は、「春なのに」(1983年、TBS系「ザ・ベストテン」で最高2位まで上昇)、「最愛」など、中島みゆき作詞・作曲による作品を中心に、トップ10ヒットを1981年から1986年の間に18作品出して行きます。

1980年代後半は、歌手としての活動よりも女優活動が目立つようになり、2時間ドラマに多数主演の他、映画にも出演します。

今日は、1983年2月10日に発売された通算枚6目のシングルである、「春なのに」をどうぞ。


春なのに/柏原芳恵

ちなみに、柏原 芳恵は14歳という低年齢でデビューしたために、同時期のアイドル歌手の間では孤立しがちでした。そんな中で、岩崎良美だけは話を聞いてくれたため、とてもうれしかったと、後年「徹子の部屋」で語っています。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字