[492] [491] [490] [489] [488] [487] [486] [485] [483] [482] [481]

2013年05月18日

「ひまわりの小径/チェリッシュ」- 名曲のご紹介


今日は、チェリッシュの「ひまわりの小径」のご紹介です。


写真は、こちらからお借りしました。

チェリッシュは、愛知県出身の夫婦デュオで知られる歌手グループです。

チェリッシュは、1968年に松崎好孝を中心に名古屋で結成されます。
当初は4人組で、1970年に松井悦子が加入し5人組になりました。

1971年、第一回全国フォーク音楽祭全国大会に出場していたところをスカウトされ、翌年の1971年に「なのにあなたは京都へゆくの」でデビューします。

そして、1972年に松崎好孝、松井悦子のデュオとなります。

1973年、「てんとう虫のサンバ」をリリース。この曲は彼らの代表曲となり、現在でも結婚式などで歌われる息の長い曲となっています。

今日は、誰にでも親しめるメロディーと歌唱力で人気を博したそんなチェリッシュの通算3枚目のヒット曲、「ひまわりの小径」をどうぞ。

この曲の歌詞はこちら

この曲は、当初5人のグループとしてスタートしたチェリッシュが、デュオになって発売した最初のシングルです。
ただし、レコードジャケットには5人のイラストが描いてあります。

この曲の累計売上は55万枚で、作詞作曲は、前作の「だからわたしは北国へ」に引き、林春生と筒美京平が担当しています。
リコーダーやアコーディオンなど、素朴な響きをもつ楽器をフィーチャーし、フォーク風のムードをかもし出しながらも、リズムアレンジは歌謡ポップスに徹しており、歌謡曲とフォークの中間的な曲調となっているのが特徴です。

また、メロディーに関しても、女性ボーカルの特長を前面に出した、フォーク調の親しみやすいものに仕上げられています。

ちなみに、チェリッシュのグループ名の由来は、アメリカのソフト・ロックバンド、アソシエイション(The Association)の1966年の同名のヒット曲からとられました。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字