[338] [337] [336] [335] [334] [333] [332] [331] [330] [329] [328]

2011年12月18日

「WE ARE THE 魚屋のオッサン '91」の歌


皆さん、こんばんは。( ^-^)/

以前、B-RAP Co.慶応の「新しいダジャレ英単語」という曲をご紹介しましたが、今日はその第二弾として、再びダジャレの歌をご紹介したいと思います。

1973年に、「あのねのね」という清水國明と原田伸郎により結成された、コミカルな曲を歌う2人組みのフォークグループが、「魚屋のおっさんの唄」という曲を歌い、大ヒットしました(彼らのデビュー曲は、同年に発売された「赤とんぼの唄(あかとんぼのうた)」)。

魚屋のおっさんの唄 あのねのね ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

そして、1991年に、あのねのねと親交のある嘉門達夫が、そのパロディー版である「WE ARE THE 魚屋のオッサン '91」(1991年のアルバム「宴」に収録)という曲を発表しています。

今日は、そのオリジナルとパロディー版を、両方ご紹介したいと思います。

注意点としては、噴飯物の曲なので、くれぐれも食事中などに聴かれるのは避けたほうがよろしいかと…。

さて、それでは早速、2曲続けてどうぞ。(^Q^)/


魚屋のおっさんの唄/あのねのね


WE ARE THE 魚屋のオッサン '91/嘉門達夫

※「魚屋のおっさん」の歌詞を見るには、以下をクリック。


※「WE ARE THE 魚屋のおっさん'91」の歌詞はこちら

ちなみに、パロディー版の方には、オリジナルの「あのねのね」も参加しています。

そう言えば、「あのねのね」には 童謡の「大きな栗の木の下で」をもじった「大きな栗とリスの歌」という赤飯、じゃなかった赤面ものの曲もあり、今聴いても動揺してしまいます。
ワカッタ?(*^-^)ヾ(^^;)ネエネエ、ソレッテ、ダジャレ?


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字