[337] [336] [335] [334] [333] [332] [331] [330] [329] [328] [327]

2011年12月14日

「少年時代」 - 名曲のご紹介


以前、井上陽水の「リバーサイドホテル」をご紹介しましたが、今日はもう一曲ご紹介したいと思います。

曲名は、「少年時代」です。

この曲は、1990年に発売された通算32枚目のシングルで、作詞は井上陽水、作曲は井上陽水、平井夏美です。
また、この曲は、井上陽水の代表曲でもあります。

それでは早速、「少年時代」をどうぞ。


少年時代/井上陽水

ちなみに、この曲は発売された翌年の【俳句】リンク集1991年に、ソニーのハンディカムCCD-TR105のCM曲に採用されて大ヒットし、同年、TBS系列の大型エンターテインメント番組「ギミア・ぶれいく」内のドミノ倒し特集のエンディング曲としても使われます。

ソニー ハンディカム CCD-TR105
ソニー ハンディカム CCD-TR105
写真は、こちらから借りしました。



合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

無題
こんにちは。
じっくりお声をきくと、独特なお声で、伸びやかな
透明感のある歌声だったのですね^^
音楽の教科書にのるくらいの名曲。ありがとうございました。声がいいって素敵ですね^^
Re:無題
ふさこさん、こんばんは。( ^-^)/
いつも、コメント感謝です。

そうですね。(^^)
井上陽水の声は、独特で、伸びやかで、そして甘い声ですよね。

私が初めて聴いたのは高校生の頃だったと思いますが、この声にしびれ、ひと目(ひと耳?)でファンになってしまったことを思い出します。(--)トオイ メ

音楽の教科書と言えば、岡村孝子の「夢をあきらめないで」、ユーミンの「卒業写真」、そしてSMAPの「夜空ノムコウ」なども載ってるようですね。

コメントする

  Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字