[301] [300] [299] [298] [297] [296] [295] [294] [293] [292] [291]

2011年06月16日

「新妻に捧げる歌/江利チエミ」 - 名曲のご紹介


今日は、「江利チエミ」の「新妻に捧げる歌(にいづまにささげるうた)」のご紹介です。

新妻に捧げる歌 江利チエミ ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

江利チエミ(えり ちえみ、本名:久保智惠美、1937年1月11日 - 1982年2月13日)は、昭和期に活躍した東京市下谷区(現・東京都台東区下谷)出身の歌手・女優・タレントです。

江利チエミのデビュー曲は、「テネシーワルツ」で、1952年1月に発売されました。

薄幸な人生を送り、45歳の若さで短い人生を閉じた彼女ですが、それだけに独特の『チエミ節』は、心に響くものがあります。

今日は、その中から、「悪妻…、じゃなかった、「新妻に捧げる歌」をどうぞ。

この曲の歌詞はこちら

ナンダヨ、悪妻 ッテ!(-_-メ)/~~~~~バシィ!!(T/O)

この「新妻に捧げる歌」は、1964年3月に発売された、通算63枚目のシングルで、作詞は中村メイコ、作曲は神津善行です。
この曲は、結婚式で、お色直しの入場曲として使われたり、歌われたりしたので、1度も廃盤になったことがなく、カップリングを変えても今でも売れています。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字