[265] [264] [263] [262] [261] [260] [259] [258] [257] [256] [255]

2011年03月06日

「メリー・ジェーン/つのだひろ」 - 名曲のご紹介


今日は、「つのだひろ」の「メリー・ジェーン」のご紹介です。

つのだひろ(本名:角田博民(つのだひろたみ)、1949年8月1日 -)は、 福島県出身の歌手、ドラマー、作曲家です。次兄は漫画家のつのだじろう、四兄はリュート奏者のつのだたかしです。

つのだひろは、中学の時にドラムを始め、高校在学中にプロデビューを果たします。
その卓越したテクニックと、日本人離れしたパワフルなドラミングが評判を呼び、1960年代後半には、ジャズ・ピアニスト佐藤允彦のトリオとの活動を皮切りに、渡辺貞夫カルテット、ジャックス、岡林信康、成毛滋、五つの赤い風船、赤い鳥、サディスティック・ミカ・バンド、浅川マキ、加藤登紀子など、日本を代表するさまざまなミュージシャンたちと競演し、ドラマーとしての地位を獲得します。

そして、1971年には、Christopher Lyn作詞、つのだひろ自身の作曲による、「メリー・ジェーン」のヒットで、今度はそのソウルフルな歌声が脚光を浴びることとなります。

それでは早速、つのだひろの歌手としての出世作となった、その「メリー・ジェーン」をどうぞ。


メリー・ジェーン/つのだひろ


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字