[254] [253] [252] [251] [250] [249] [248] [247] [246] [245] [244]

2011年01月31日

「青い影(A Whiter Shade Of Pale)/プロコル・ハルム(Procol Harum)」 - 名曲のご紹介


今日は、「プロコル・ハルム」の「青い影」のご紹介です。

プロコル・ハルム(Procol Harum)は1960年代から1970年代にかけて活動した、イギリスのロックバンドです。
プロコル・ハルムは、デビュー曲「青い影(A Whiter Shade Of Pale)」(1967年)の世界的な大ヒットにより、一世を風靡します。

彼らの初期のサウンドを特徴つけるのは、ピアノとオルガンからなるツイン・キーボード編成です。併せて、R&B的要素とクラシック的要素を融合させたその独特の音作りは、70年代のプログレッシブ・ロックの先駆をなしたとも評されています。

ちなみに、彼らのデビュー曲である「青い影」においては、オルガンが効果的に使われており、実は、私が昔エレクトーンを習おうと思ったきっかけは、この曲によるところが大きいです。

それでは早速、「プロコル・ハルム」の「青い影」をどうぞ。


青い影(A Whiter Shade Of Pale)/プロコル・ハルム(Procol Harum)



合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字