[1092] [1091] [1090] [1089] [1088] [1087] [1086] [1085] [1084] [1083] [1082]

2018年09月03日

「君の誕生日/ガロ」 - 名曲のご紹介


今日は、ガロの「君の誕生日」のご紹介です。

君の誕生日 ガロ ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

ガロ(GARO)は、1970年から1976年まで活動した、フォークロックグループです。

メンバーは、

・堀内護(MARK(マーク)、ボーカル、コーラス、ギター、マンドリン、シタール、ピアノ、スペリオパイプ)
・日高富明(TOMMY(トミー)ボーカル、コーラス、ギター、マンドリン、琴)
・大野真澄(ボーカル、コーラス、ギター、マンドリン、ピアノ)

の3人。

ガロは、全員が生ギターとボーカルを担当しているのが基本的な編成です。
1973年に、「学生街の喫茶店」、「君の誕生日」、「ロマンス」と立て続けにヒットを飛ばし、一世を風靡(ふうび)しました。

ガロは、元々は「CSN&Y(Crosby, Stills, Nash & Young(クロスビー・スティルス・ナッシュ&ヤング))」や「ブレッド」の影響下にあったバンドで、彼らのグループの楽曲もレパートリーに加えていたこともあり、当時はその卓越したコーラスワークとギターテクニックで「和製CSN&Y」と称されていました。

近年では、「ソフトロック」というジャンルにおいて、また、アルバム『CIRCUS』『吟遊詩人』ではプログレッシブ・ロック的な、そして、『三叉路』ではハード・ロック的なアプローチをしたこともあり、ロックバンドとしても再評価されています。

今日は、そんな「ガロ」の、1973年5月10日に発売された5枚目のシングルである「君の誕生日」をどうぞ。


君の誕生日/ガロ

この曲の歌詞はこちら

いい曲ですねー。(^o^)
間奏が「学生街の喫茶店」になっているのがちょっとアレですが…。テヌキ? (^x^) モゴモゴ
まぁ、この間奏があることで、ガロの曲だということが一発で分かってよいのですが、個人的には、この曲のオリジナルの間奏を、きちんと作って欲しかったと思います。

この曲は、発売から約1ヶ月後の、6月25日付けのオリコン・シングル・チャートで第1位を獲得しています。

時系列上は、1972年10月に発売された「涙はいらない」の次作に相当しますが、1972年6月発売のシングル「美しすぎて/学生街の喫茶店」が、1973年2月~4月にオリコンのシングルチャートで7週連続1位を獲得するという状況下にあったため、この曲は実質的に「学生街の喫茶店」に次ぐシングルとなりました。

ちなみに、「ガロ」というグループ名は、当時ザ・タイガースのマネージャーで三人の世話役でもあった中井國二が、自分の子供にと考えていた「我朗」から名づけられました。

ガロのエピソード

・ガロは、きょうご紹介した「学生街の喫茶店」のヒットで知られていますが、前述したように、この曲はもともと「美しすぎて」のB面であり、「学生街の喫茶店」が人気が出たために、A面/B面を入れ替えた盤が、のちに発売されました。
また、この曲(レコード)のベースを弾いていたのは「宇野もんど」こと細野晴臣で、ドラムを演奏していたのは原田祐臣でした。

・当時、日本コロムビアのラジカセのブランドにも「GARO」というブランドがあり、CMソングに「学生街の喫茶店」を使われていたといいます。

・1972年、ガロは明治製菓(現・明治)「チェルシー」のコマーシャルソング『チェルシーの唄』を担当。
デビュー当時のAlfie(現在のTHE ALFEE)は、当時同じ事務所に所属しており、弟分的な位置づけでした。
ガロのライヴのスタッフをAlfieが務めたり、前座を行ったこともありました。THE ALFEEもまた、CSN&Yの影響下にあるバンドです。

・鈴木雅之は、日高の盟友小田和正の編曲による「地球はメリーゴーランド」をカバーしています。

・南こうせつは、「かぐや姫」を結成する際、ガロから影響を受けたと「フォーク・ソング」のライナーノーツに書かれています。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字