[932] [931] [930] [929] [928] [927] [926] [925] [924] [923] [922]

2016年05月19日

「いつも片思い/小林千絵」 - 名曲のご紹介


今日は、小林千絵の「いつも片思い」のご紹介です。

いつも片思い 小林千絵 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

小林千絵(こばやし ちえ、1963年11月20日 - )は、大阪府豊中市出身の歌手、女優、タレントです。

小林千絵は、「ヒデキ(西城秀樹)の弟・妹募集オーディション」で準優勝(優勝は河合奈保子)し、「ポートピア・花嫁コンテスト」グランプリを獲得します。
そして、第1回ヤマハボーカルオーディション「ザ・デビュー」で1万人の中から優勝。

1983年3月21日に、「いつも片想い」でポニーキャニオンよりアイドル歌手デビューをします。
当時、透明感あふれる声で、抜群の歌唱力を売りにしたアイドル歌手でもありました。

同期デビューには、THE GOOD-BYE、伊藤麻衣子、桑田靖子、岩井小百合、松本明子、徳丸純子、原真祐美、大沢逸美、森尾由美、木元ゆうこなどがいます。

今日は、そのデビュー曲である「いつも片思い」をどうぞ。


いつも片思い/小林千絵

小林千絵は、その翌年から、MBSラジオMBSヤングタウン で西川のりおとのボケとつっこみで人気が上昇し、「おじさんの気持も知らないで」というシングルでデュエットデビューも。
これを機に、地元大阪でバラエティーの活動が多くなります。
そして、大阪弁丸出しのトークでバラドルとして、注目をあびます。

1989年、歌手再起にかけ、1991年に「story」を発売。その後、「恋に踊れば」を発売。
現在は、タレントを中心に活動中です。

また、小林千絵は芸能界では大のパチンコ好きとしても知られており、1995年にはSANKYOにより、本人の写真絵柄とフィーバー時には本人の歌が流れる演出付きのパチンコ台「フィーバーフルーティー」が発売され、現在では珍しくなくなった、芸能人をモチーフにしたパチンコ台の先駆けとなりました。

1998年4月~2002年6月には、パチンコ番組「パチンコNOW2」(CBC)の司会もつとめています。

その一方、小林千絵は映画にも精通しており、テレビでの映画評論や、いくつかの映画のパンフレットに解説文も執筆するなど、多才な一面も持ちあわせています。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字