[913] [912] [911] [910] [909] [908] [907] [906] [905] [904] [903]

2016年03月28日

「オードシエル(天の水)/岡村孝子」 - 名曲のご紹介


今日は、岡村孝子の「オードシエル(天の水)」のご紹介です。


写真は、こちらからお借りしました。

岡村 孝子(おかむら たかこ、1962年1月29日 - )は、愛知県岡崎市出身のシンガーソングライターです。
父親は、岡崎市議会議長を務めた岡村秀夫。

岡村孝子は、椙山女学園大学在学中に同級生・加藤晴子とともにデュオ「あみん」を結成します。1982年に、ヤマハポピュラーソングコンテスト(通称ポプコン)でグランプリを受賞した「待つわ」がヒットしますが、1983年にその活動を休止します。

が、その後ソロ活動を求める声があり、上京して、ソロとして1985年にファンハウス(現在のアリオラジャパン)より、「風は海から」でデビューをします。

岡村孝子のブレイクのきっかけとなったのは、翌年の1986年に歌った、来生たかおの「はぐれそうな天使」で、この曲はホンダ・トゥデイのコマーシャルに起用され、一気に人気が高まります。

今日は、そんな岡村孝子の、1989年6月24日に発売された通算5枚目のオリジナルアルバム「Eau Du Ciel(天の水)」(オー・ド・シエル てんのみず)から、タイトル曲である「Eau Du Ciel(天の水)」をどうぞ。


オードシエル(天の水)/岡村孝子

アルバム「Eau Du Ciel(天の水)」は、神聖さをイメージさせる白一色の衣装と、瞳を閉じたジャケット写真が特徴のひとつで、 前作の「SOLEIL」に続き、2作連続でオリコンのアルバム・ヒットチャートで第1位を獲得。
1989年のオリコン年間アルバムヒットチャートでは、第12位にランクされています。

また、発売から1週間後の1989年7月1日には、収録曲の「青い風」が11枚目のシングルとしてリカットされます。
同アルバムの他の収録曲である「愛がほしい」は、日本テレビ系「知ってるつもり?!」の初代エンディング・テーマとして使われ、12枚目のシングル「天使たちの時~Time of the Angels~」のカップリング曲にも採用されています。

岡村孝子の近況

2002年に、ベスト・アルバム「DO MY BEST」を発表後、宮城県仙台市からコンサート活動を再開。
コンサート最終日の渋谷公会堂では、当日の1日限りで「あみん」を再結成。
「天晴な青空」と「待つわ」の当時ヒットした2曲を披露。

2003年に、アルバム「TEAR DROPS」を発売。
エッセイ「Happyをさがして」の連載を、「産経新聞」大阪版夕刊で開始。
このエッセイは、2005年に単行本の書籍としても刊行されました。

2005年に、NHK「夢・音楽館」で、あこがれだったさだまさしと初共演。
ソロ時代は一切音楽番組の出演を断っていましたが、さだまさしとの共演ということで了承。
2005年にNHK-BSプレミアムの番組で岡村孝子コンサートを放送直後、視聴者からDVD発売や再放送等の声が大きくなります。

そして、この共演が縁となり、2006年にはさだまさしとのコラボレーションによるシングル「銀色の少女」が発表されます。
さらに、コーラスとして参加した加藤晴子との再共演も実現します。

2007年、あみんとしての活動を再開。
同年12月31日に「第58回NHK紅白歌合戦」へ紅組で出場。デビュー曲の「待つわ」を披露します。

2011年、所属レーベルをヤマハミュージックコミュニケーションズへ移籍。
同年9月に、約5年ぶり、かつ移籍後第1弾のソロデビュー25周年記念アルバム「勇気」を発売します。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字