[790] [789] [788] [787] [785] [784] [783] [782] [781] [780] [779]

2015年03月30日

「あの頃の僕は/イルカ」- 名曲のご紹介


今日は、イルカの「あの頃の僕は」のご紹介です。

イルカ(本名:神部 としえ(かんべ としえ)、旧姓:保坂(ほさか)(1950年12月3日-) は、東京都中野区出身のフォークシンガー、絵本作家です。

イルカは、1970年に、シュリークス(SHRIEKS)※のメンバーとしてデビューをします。

そして、1974年に「あの頃のぼくは」でソロデビュー。

翌年の1975年に、かぐや姫のメンバー伊勢正三の作詞・作曲による「なごり雪」のカバーを歌い、大ヒット。

ヒット曲としては、「少年」、「いつか冷たい雨が」、「もう海には帰れない」、「Follow Me」、「なごり雪」、「サラダの国から来た娘」、「雨の物語」などがあります。

1977年から1980年にかけては、絵本「ちいさな空」全4巻を発表。

また、イルカの声が、TVアニメ「ちびまる子ちゃん」でさくらももこの声を担当するTARAKOと声がそっくりなことから、これが縁で同作のエンディングテーマ「針切りじいさんのロケンロール}で、TARAKOと共にコーラスを担当することになります。

今日は、そんなイルカのデビュー曲である「あの頃の僕は」をどうぞ。


あの頃の僕は/イルカ

ちなみに、イルカの使用ギターはマーティン(1973年製D-35)、弦はエリクサーのコーティング済みのものを使っています。
以前はマーティンの弦を使っていました。

また、一人息子の神部冬馬もシンガーソングライターです。
2010年9月19日には、祖父の俊雄と共に、サッカーJ2・甲府×熊本戦でミニライブを行ないました。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字