[727] [726] [725] [724] [723] [722] [721] [720] [719] [718] [717]

2014年11月02日

「空に星があるように/荒木一郎」 - 名曲のご紹介


今日は、荒木 一郎の「空に星があるように」のご紹介です。

荒木 一郎(あらき いちろう、1944年1月8日 -)は、東京都出身の俳優、歌手、音楽プロデューサー、小説家、マジック評論家、カードマジック研究家です。
母親は女優の荒木道子。父親は文芸評論家の菊池章一。元妻は女優の榊ひろみ。

荒木 一郎は、9歳で文学座アトリエ公演に出演し、俳優としての初舞台を踏みます。
高校時代はモダンジャズに傾倒し、バンドを組み、作詞と作曲を始めます。

1962年に、切手コレクションで第18回全日本切手展グランプリ受賞。
1963年には、青山学院高等部卒業。文学座に在籍して俳優業を開始、『バス通り裏』でデビュー。

その一方で、音楽の才能も注目されて、東海ラジオの番組「星に唄おう」のDJを務め、そのテーマ曲「空に星があるように」で、1966年にビクター音楽産業から歌手デビュー。
同年、この曲で第8回日本レコード大賞新人賞を受賞します。

音楽活動では平尾昌晃と交流があり、その縁で平尾昌晃が音楽を担当した必殺シリーズに参加することになり、「必殺仕業人」「必殺からくり人」の主題歌を作詞します。
また、「仕業人」では自ら挿入歌を歌っています。

マジック評論家としては、1998年に設立されたマジックサークル「プリンあらモードMagic Club」の会長を務め、またマジックに関する著書も執筆しています。
くわえて、趣味の将棋は、四段という実力の持ち主です。

今日は、そんな多才な荒木 一郎のデビュー曲である、「空に星があるように」をどうぞ。


空に星があるように/荒木一郎

この曲の歌詞はこちら

なお、荒木 一郎には、水木京子(順子)、ナポレオン、枯木華、すずきすずか名義による作品もあります。

1980年代後半からは活動を大幅に減らしてるい荒木 一郎ですが、2001年には他アーティストとの共演によるアルバムである「BEST FRIEND & BEST COLLECTION」を制作し、2002年には青山劇場でライブを行うなど、近年再び本格的な活動を始めています。

2010年には、北沢タウンホールにて、8年ぶりとなるライブ「Ichiro Araki 3 Days」を行ない、翌年2011年にはこのライブのDVDBOXが発売されています。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字