[656] [655] [654] [653] [652] [651] [650] [649] [648] [647] [646]

2014年06月13日

「二人だけのデート(I Only Want To Be With You)」 - 名曲のご紹介


今日は、「二人だけのデート(I Only Want To Be With You)」のご紹介です。

二人だけのデート(I Only Want To Be With You)のオリジナルは、1963年に発売されたポップソングで、ダスティ・スプリングフィールドの歌唱によってヒットしました。

この曲は、その後、多くのアーティストによってカバーされ続けていますが、中でも、世界的に再ヒットさせたのがベイ・シティ・ローラーズであると言われ、当時、特にイギリスと日本で大ヒットしました。

さて、このベイ・シティ・ローラーズ(Bay City Rollers)というのは、イギリスはスコットランドのエディンバラ出身のバンドで、1974年から1978年にかけて“タータン・ハリケーン”と呼ばれた、熱狂的な社会現象を巻き起こした人気アイドル・グループです。
このことにより、ベイ・シティ・ローラーズは第二のビートルズとも呼ばれています。

それでは、今日はこの「二人だけのデート」を、ベイ・シティ・ローラーズのカバー版でどうぞ。


二人だけのデート(I Only Want To Be With You)/ベイ・シティ・ローラーズ(Bay City Rollers)

この曲の歌詞はこちら

なお、この記事の公開後に、ダスティ・スプリングフィールドの原曲も聴いてみたいという声をいただきましたので、こちらも以下に張りつけておきます。(^^)


I Only Want To Be With You/Dusty Springfield

(@_@)ウーン 早速2曲をこの歌詞を見ながら聴き比べてみると、ベイ・シティ・ローラーズ版では、「No matter what you do」のところを、すべて「It's crazy but it's true」と歌ってるようですね。
また、原曲のダスティ・スプリングフィールド版では、「Now, listen」のところを「believe me」と歌ってたり、その他歌詞の方に「that」が抜けてたりと…、細かいところが違っているようです。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字