[608] [607] [606] [605] [604] [603] [602] [601] [600] [599] [598]

2014年03月03日

「恋のフーガ」 - 名曲のご紹介


今日は、ザ・ピーナッツの「恋のフーガ」のご紹介です。

ザ・ピーナッツ(The Peanuts)は、愛知県知多郡常滑町(現・常滑市)出身の双子の姉妹によるデュオです。
略称は「ピーナッツ」。

メンバーは、姉の伊藤エミ(本名、澤田 日出代(さわだ ひでよ)(旧姓、伊藤)と、妹の伊藤ユミ(本名、伊藤 月子(いとう つきこ)の2人です。

ザ・ピーナッツは、1959年2月11日に、「第2回 日劇コーラスパレード」で歌手デビューをします。
そして、4月に「可愛い花」でレコードデビュー。
1959年6月17日から1970年3月31日まで、フジテレビ系の歌謡番組「ザ・ヒットパレード」のレギュラーに抜擢され、その後1961年6月4日から1972年10月1日までは、日本テレビ系の人気バラエティー番組「シャボン玉ホリデー」でメインの司会者を務めます。

また、日本国外でも活躍し、「エド・サリヴァン・ショー」(アメリカ)や「カテリーナ・バレンテ・ショー」(当時の西ドイツ。現・ドイツ)、「ダニー・ケイ・ショー」(アメリカ)にも出演したことがあります。

また、女優活動も少ないながら行なっており、映画などにも数作出演しています。
中でも、モスラでの「小美人(架空の妖精)」役は現在もなお根強い人気があります。

今日は、そんなザ・ピーナッツの1967年に発表された「恋のフーガ」をどうぞ。


恋のフーガ/ザ・ピーナッツ

ちなみに、この曲には英語バージョンもあり、2004年6月にキングレコードより発売されたザ・ピーナッツ レア・コレクションなどに収録されています。
また、この曲は2003年8月に小柳ゆき、2005年2月にはW(ダブルユー)がカバーしています。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字