[574] [573] [572] [570] [569] [568] [567] [566] [565] [564] [563]

2014年01月09日

「まぼろしの人」 - 名曲のご紹介


今日は、茶木 みやこの「まぼろしの人」のご紹介です。

茶木 みやこ(ちゃき みやこ、1950年5月20日 -)は、京都府出身の歌手です。

茶木 みやこは、1970年、同志社女子大学在学中に、小林京子とフォークデュオ「ピンク・ピクルス」を結成します。グループ名の由来は、「柴漬け」の意味です。

MBSラジオで、楽曲「僕にさわらせておくれ」へのリクエストが殺到し、同曲で1971年3月25日にレコードデビューをします。

1972年にピンク・ピクルスは解散しますが、1977年にテレビドラマ「横溝正史シリーズ」のテーマソングとして「まぼろしの人」を発売。第二弾テーマソングとして「あざみの如く棘あれば」を発売。

また、ミッキー吉野グループとコラボレーションアルバム「レインボウ・チェイサー」を制作します。

今日はその「まぼろしの人」をどうぞ。


まぼろしの人/茶木 みやこ

ちなみに、「横溝正史シリーズI(テーマ曲「まぼろしの人」)」は、1977年4月2日から10月1日まで、「横溝正史シリーズII(テーマ曲「あざみの如く棘あれば」)」は1978年4月8日 から10月28日まで放送されました。

また、茶木 みやこは、2001年10月に、24年ぶりにアルバム「Love is enough」を発売しています。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字