[561] [560] [559] [558] [557] [556] [555] [554] [553] [552] [551]

2013年12月11日

「バラ色の雲/ヴィレッジ・シンガーズ」 - 名曲のご紹介


今日は、ヴィレッジ・シンガーズの「バラ色の雲」のご紹介です。

ヴィレッジ・シンガーズ(Village Singers)は、1960年代後半に活躍したグループ・サウンズ(通称GS)のひとつです。

結成は1966年6月で、メンバーは、小松久(リーダー、ギター)、清水道夫(ヴォーカル、ギター)、小池哲夫(キーボード、ヴォーカル)、林ゆたか(ドラムス)、笹井一臣(ベース)の5人です。

当時人気だったカレッジフォークとは異なり、エレキギターとドラムス、そして12弦アコースティックギターを取り入れたバンド編成で、これは当時、斬新で目新しいものでした。

当初はヒットに恵まれず、メンバーの交代など紆余曲折もありましたが、翌年の1967年8月に新生ヴィレッジ・シンガーズとして「バラ色の雲」を発売。
その躍動感あるサウンドが功を奏し、フジテレビの音楽番組「ヒット速報」へ10週連続出演するなど、この曲は公称60万枚突破の大ヒットとなります。

そしてその語は、「好きだから」、「亜麻色の髪の乙女」と、ヒットを飛ばしていきます。

今日は、1967年8月1日に発売された、ヴィレッジ・シンガーズのブレイク曲となった、作詞:橋本淳、作曲:筒美京平による「バラ色の雲」をどうぞ。


バラ色の雲/ヴィレッジ・シンガーズ

ちなみに、ヴィレッジ・シンガーズのグループ名の由来は、フォークの聖地であるニューヨークのグリニッジ・ヴィレッジに憧れていたことから名づけられました。
また、この曲の作曲をした筒美京平(当時は新米)にとって、初めてのヒット曲となった作品でもあります。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字