[501] [500] [499] [498] [497] [496] [495] [494] [493] [492] [491]

2013年05月25日

「渚のシンドバッド/ピンク・レディー」- 名曲のご紹介


今日は、ピンク・レディーの「渚のシンドバッド」のご紹介です。

ピンク・レディー(Pink Lady)は、1970年代後半に活躍したアイドルデュオです。

メンバーは、ミー(現:未唯mie、本名:根本美鶴代)とケイ(現:増田恵子、本名:桑木啓子(旧姓:増田)。

ピンク・レディーは、1976年8月25日に、シングル「ペッパー警部」で歌手デビューをします。ピンク・レディーとは都倉俊一の命名であり、カクテルのピンク・レディーに由来します。いわゆるお色気路線で、男性に魅力を訴えかけるようなデュオではなく、子供からお年寄りまで楽しめる、明るく健康的なムードが特徴のデュオで、老若男女に幅広く人気を獲得することに成功します。

そればかりでなく、レコードが大ヒットして人気が高まるにつれて、衣料品や文房具、食器、自転車や食品まで、多くの業種のさまざまな商品にピンクレディー2人の姿がプリントされたキャラクターグッズが販売され、彼女たちの存在は想像を絶する巨額の経済効果を派生させることとなります。

今日は、そんなピンク・レディーの多くのヒット曲の中から、1977年6月10日に発売された「のシンドバッド」をどうぞ。


渚のシンドバッド/ピンク・レディー


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字