[377] [376] [375] [374] [373] [372] [371] [370] [369] [368] [367]

2012年05月28日

「Do You Remember Me(ドゥー・ユー・リメンバー・ミー)/岡崎 友紀」 - 名曲のご紹介


今日は、岡崎 友紀の「Do You Remember Me(ドゥー・ユー・リメンバー・ミー)」のご紹介です。

ドゥー・ユー・リメンバー・ミー 岡崎 友紀 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

岡崎 友紀(おかざき ゆき、本名:岡崎 友紀子、1953年7月31日 -)は東京都台東区浅草出身の女優、歌手です。

岡崎 友紀は、幼少のころよりバレエを習い、最初は、子役として舞台やテレビに出演し始めます。

1968年には「あねいもうと(NHK大阪製作の少年少女向け連続ドラマ)」に妹「とし子」役で一年間主演し、全国的に名を知られた彼女は、翌年の1969年にはさらに活躍の場を広げ、多くのドラマやバラエティ番組に進出していきます。1970年3月には、歌手デビューも果たします。

とりわけ、1970年9月よりTBS系で放送された学園ドラマ、「おくさまは18歳」(最高視聴率33.1%)でキュートなコメディエンヌとしての魅力が開花し、1970年代前半から中盤にかけて、国民的アイドルとして絶大な人気を博します。

今日は、そんな彼女の曲の中から、1980年に発売された、安井かずみ作詞、加藤和彦作曲の「Do You Remember Me(ドゥー・ユー・リメンバー・ミー)」をどうぞ。

Do You Remember Me(ドゥー・ユー・リメンバー・ミー)/岡崎友紀

ちなみに、この「ドゥー・ユー・リメンバー・ミー」は、最初は覆面歌手YUKI名義で発売され、ヒット後、岡崎友紀であることが明かされるという、ちょっと変わったアプローチで売り出された曲です。
歌詞の内容は、女性が過去に付き合った恋人について回顧する内容となっており、その後ribbon(リボン)、キタキマユ、木村恵子、金月真美(きんげつ まみ)、水瀬伊織(みなせ いおり)がカバーしています。

また、この曲は加藤和彦がロネッツの「ビー・マイ・ベイビー」を意識して作曲した曲といわれています。

歌詞はこちら


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字