[8] [7] [6] [5] [4] [3] [2] [1]

2008年05月11日

タイムドメインを買いました


そろそろPC用のスピーカーを買い換えようと、ネットでいろいろと検索していると、縦型で、灯台のような形をした面白いデザインのものを発見しました。
その名も、タイムドメイン。
ViVid-N型という、無指向性のスピーカーです。
ViVid-N型
実は、最初BoseのM2かCompanionR2あたりを検討していたのですが、意外と奥行きが深く、スペース的に現在使用しているラックには置けないことが分かり、躊躇していたので、このタイムドメインなら置けると購入を決定。

が、すんなりと決まったわけではありません。スピーカーが小さいので、どう見ても低音があまり出なさそうだからです。
が、部屋には別途コンポタイプのステレオがあり、PCで聴く音楽は、イージリスニングや癒し系の曲が中心なので、それはそれで良いかと割り切りました。

早速注文すると、何とその翌日に商品が到着。石川県からなので、2~3日かかるのではと思っていたので、少し驚きながらもPCに接続。ピアノ曲をかけました。

おお!(゚o゚) 高級スピーカーに通じるような、透明感のある音!

一つ一つの音が分解して、はっきりと聴こえる感じなのです。音像定位も良く、今そこでピアニストが実際に演奏しているような臨場感!
これには驚きました。
そこで、次にmonikaのうたを再生。(笑)
おお!各楽器の音がきれいに分離して聴こえます。シンバル、鉄琴の音がリアルで、何よりも、今MEIKOさんが目の前にいて、こちらを向いて歌っている!

一言で言って、値段を忘れさせる音です。これで¥6,590(送料込み)は安い!(笑)

がやはり、スピーカーの口径が小さいため、ハウスやディスコ調の曲など、ブーストした低音を聞かせるようなものは苦手のようです。低音が引っ込んでしまうため、つまらない音になってしまいます。
お勧めは、ヴォーカル曲など、中高音を聴かせるような曲です。まだあまり聴きこんでいませんが、サックスやトランペットの音もいいので、ジャズなどもいけそうです。

また、低音に関してですが、調べてみるとこのスピーカーは小さな口径の割りに振幅が大きいので、購入当初は動きが硬く、低音の量感が不足気味になるとのこと。
エージング後が楽しみです。

ということで、もしもPC用のスピーカーの買い替えを検討している方がいらっしゃいましたら、このタイムドメインも候補に入れてみてはいかがでしょうか。

補足1. 購入した機種は、(株)オーセンティックのViVid-N型(無指向性)で、以下のお店で買いました。

ViVidがある快適空間-株式会社 山越 e-コマース
http://www.kai-p.co.jp/vivid/

補足2.調べてみたところ、(株)オーセンティックは、(株)タイムドメインの製造元のようです。
補足3.ここに書いたことは、音響エンジニアでもなんでもない私一個人の感じた印象です。参考程度になさってください。



合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字