[282] [281] [280] [279] [278] [277] [276] [275] [274] [273] [272]

2011年04月19日

「カリフォルニアの青い空/アルバート・ハモンド」 - 名曲のご紹介


今日は、アルバート・ハモンドの「カリフォルニアの青い空」のご紹介です。

カリフォルニアの青い空 アルバート・ハモンド ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

アルバート・ハモンド(Albert Hammond、1944年5月18日-)は、イギリスのロンドン出身のシンガーソングライターです。息子はザ・ストロークスのアルバート・ハモンドJr.です。

アルバート・ハモンドは、1960年にジブラルタルでThe Diamond Boysというバンドを組んでいましたが、あまり売れず、1969年にイギリスのボーカルグループ、The Family Doggに参加。同グループの「A Way of Life」は、UKでトップ10ヒットを記録します。

1970年代に入り、アメリカ合衆国に移住し、1972年には「カリフォルニアの青い空(It Never Rains In Southern California)」が大ヒットします。
この曲は、オリコンチャート最高11位となり、20万枚を売り上げ、アルバート・ハモンドの代表曲となります。

それでは早速、その「カリフォルニアの青い空」をどうぞ。


カリフォルニアの青い空/アルバート・ハモンド

ちなみに、アルバート・ハモンドは、ギターを胸の位置に高く構えるスタイルが特徴です。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字