[271] [270] [269] [268] [267] [266] [265] [264] [263] [262] [261]

2011年03月26日

「迷い道/渡辺真知子」 - 名曲のご紹介


今日は、「渡辺真知子」の「迷い道」のご紹介です。

迷い道 渡辺真知子 ジャケットイメージ
写真は、こちらからお借りしました。

渡辺真知子(わたなべまちこ、本名:渡邉真知子、1956年10月23日 -)は、神奈川県横須賀市出身の歌手、シンガーソングライターです。

渡辺真知子は、1977年に「迷い道」でデビュー。松任谷由実(まつとうやゆみ)や中島みゆきなどの次の世代のニューミュージックシンガーとして、声楽出身※の豊かな声量で人気を博し、数々のヒット曲を生んでいます。

「迷い道」、「かもめが翔んだ日」、「ブルー」、「唇よ、熱く君を語れ」など、数々のヒット曲を世に送り出し、印象的な歌詞と心に残るメロディー、そして深い感情をたたえた抜群の歌唱力で、一躍人気アーティストの仲間入りを果たします。

また、天真爛漫な人柄で知られる彼女は、書道は八段の腕前で、NHK「ふたりのビッグショー」で「海」という作品を紹介しています。

今日は、彼女のデビュー曲である、「迷い道」をどうぞ。


迷い道/渡辺真知子

この曲の歌詞はこちら

渡辺真知子は後に、この曲について、「横須賀の実家と東京とを何回も往復して曲を書き直した」「最初、歌詞は2番までしかなかったが、曲が短いことから、3番の歌詞を追加して作詞した」「既存の3曲から良いとこ取りで曲のエッセンスをまとめて一曲にした」と語っています。

また、月刊明星の記事において、歌い出しの「現在、過去、未来」という歌詞は、当初はサビの部分に配置されていましたが、当時の担当者から「この歌詞を最初にもってきたら面白い」とアドバイスされて今の形になった、というエピソードが紹介されているということです。

※.渡辺真知子は、洗足学園短期大学(現:洗足こども短期大学)の音楽科(声楽専攻)でソプラノを学んでいます。
ちなみに、音楽科は現在は廃止されている学科のひとつで、当時は器楽専攻と声楽専攻があり、その中にそれぞれ「演奏」と「教育」のコースがありました。


合わせて読みたいおすすめ記事

コメント

コメントする

Vodafone絵文字 i-mode絵文字 Ezweb絵文字